深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

「後悔しない生き方」のために大切にしたい7つの心がけ

2015年6月29日

後悔しない生き方をしていますか?

「なぜあんな選択をしてしまったのか」
「どうしてもっと素直になれなかったのか」

そうやって人生を後悔しないために。

大切なのは日々の心がけ。
普段からの意識の持ち方です。

「いい人生だった」と、いつか人生を肯定できるように。

スポンサードリンク

後悔しない生き方のための7つの心がけ

1.自分の気持ちに素直になる

「こんなことをしたら何て思われるかな」
「こんなこと言ったらバカにされるんじゃないか」

いつも人の顔色ばかり伺っている。
常に他人からの評価を気にしている。

「自分の気持ちに正直に生きればよかった」
「本当にやりたいことをやっていればよかった」

そんなふうに思っても、もう「あのとき」には戻れないのです。

他人がどう思うかは関係ありません。
いつだって自分が「これでいい」と思えることを選択しましょう。

2.自分自身で人生を選択する

「みんなが言っているから」
「親を安心させたいから」

自分自身を抑えて、誰かの望む人生を歩んでしまう。

「ずっと言う通りにやってきたのに」
「あの人のためにやってきたのに」

人生が思い通りにいかないと、いつか誰かのせいにしてしまう。

私たちは他人の期待に応える生きているのではありません。
自分の人生を自らの手で選び取っていく。

あなたの人生は、他の誰でもなく、あなた自身のためにある。
あなたの人生の主人公はあなた自身なのだから。

3.全部をやろうとしない

あれもこれもと、いろんなものを増やしていく。

人と比べて足りないものを探したり。
他人を羨ましく感じて必要のないものまで足していく。

人生は有限です。
私たちは何でもできるけれど、何もかもはできないのです。

人生は取捨選択の繰り返し。
全部やろうとすれば、結局何もできなくなってしまいます。

自分にとって必要なものを残し、不要なものを捨てる。

「自分の人生は何だったのか」
あとになって後悔したいために、何が本当に大切なのかを見極めることです

関連記事「シンプルな暮らし」余計なものを捨て、大切なものと生きる

4.生きることを楽しむ

いつも楽しそうな人を遠くから見ているだけ。

「どうせ自分なんて場違い」
「自分がいっても迷惑なだけ」

そうやって、いつも利口な振り、わかった振り。
見栄やプライドが楽しむことの邪魔をする。

「もっと人生を楽しんでおけばよかった」

そんな後悔はもったいない。
一度しかない人生です。

特別な資格も、誰かの許可も必要ありません。
目一杯、生きることを楽しんでみましょう。

5.「いつか」ではなく「今」

「いつかやろう」
「また今度でいいか」

そうやって先延ばしにしたまま終わってしまう。
グズグズしているうちに時間だけが過ぎていく。

「あのとき済ませておけばよかった」
「もっと早くにやっていればよかった」

後悔してからでは遅いのです。

準備を整えることも大切です。
だけど考えているだけでは何もはじまりません。

思い立ったが吉日です。
「いつか」ではなく「今」から動き出しましょう。

関連記事 先延ばしをやめる 心に居座る「やり残し」を手放す

6.大切な人に感謝を伝える

「なんだか照れくさい」
「面と向かっては恥ずかしい」

親しい人ほど感謝の気持ちを伝えそびれてしまいます。

だけど私たちの命は無限ではありません。
当たり前にあるものだと思っていることも、決して当たり前などではない。

本当に伝えたいときに、その相手がいる保証などどこにもありません。
時間が経つほど言い出しづらくなるものです。

「いつもありがとう」
「今までありがとう」

大切な人に感謝を伝えてみてください。

関連記事「ありがとう」感謝の気持ちをが幸せを呼び込む7つの理由

7.毎日を大切に生きる

ムダな時間なんてありません。
同じ一日なんてありません。

どんな一日も、等しく素晴らしい。

我慢のときなんてありません。
何かのために犠牲にする一日なんてありません。

どんな一日だって尊く、かけがえのないものです。

毎日を大切に生きてください。
毎日を楽しみながら生きてください。

関連記事「当たり前」の毎日なんてない ありふれた日常こそが奇跡

人生を後悔しないために

「今さら言っても、もう遅い」

たしかに過去のことは変えられません。
だけど今からどう生きるかは選ぶことができます。

生き方はいつからでも変えられる。
今日からでも、今からでも望むように生きられる。

はじめるのに遅いことなんてありません。
今から「後悔しない生き方」をはじめてみませんか?

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く