深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

心が苦しい人へ 「こうあるべき」から解放される、心が楽になる生き方

2017年5月8日

心が苦しい思いを抱えたまま生きている人がいます。

「結婚しないといけない」
「子どもを産まなければいけない」
「何歳までにしなければいけない」

そうやって、たくさんの「こうあるべき」に縛られて。
窮屈で息苦しい生き方を選んでしまっています。

もうそんなつらい生き方は終わりにしましょう

生き方に「こうあるべき」なんてない。
人生に決まりも正解もないんです。

スポンサードリンク

心が苦しいのはなぜか

「そんなのおかしい」
「普通はこうする」

そんな言葉を周りから何度も投げかけられて。

「私は間違っているのかな」
「自分がおかしいのかな」

周囲からのプレッシャーで自分を責めたり。
自身を失くして、だんだん何が正しいのかがわからなくなる。

今、あなたが生きることに息苦しさを感じているのなら。
心が苦しいのは、たくさんの「こうあるべき」に縛られてしまっているから。

人が集団生活をおくる上で最低限必要なルールというものはあります。
だけどね、それは私たちの生き方を制限するものではありません。

大丈夫、正解も間違いもない。
自分の好きなように生きていいんです。

あなたの人生はあなた自身で選ぶもの。
あなたの幸せはあなた自身で決めるもの。

誰かから与えられた「正しい生き方」なんて気にしなくていい。
生き方に良いも悪いもありはしないのだから。

心の感じるままに進めばいい

人生なんて「これでいい」と、あなた自身が思うままに生きればいい。
他人の「普通」や「当たり前」に合わせる必要なんてありません。

でもね、自分の本当の気持ちをごまかすために逃げるのはやめましょう。

「相手を否定したいだけ」
「自分の過ちを認めたくない」

そうやって意地になっていると、きっと後悔するときがくるから。
ときには素直な気持ちで、他人の声に耳を傾けることも大事です。

途中で考え方が変わってもいいんです。
遅いことなんてありません。

助言をくれた人だって、その人なりの言葉でしかない。

まっすぐ進んでもいいし、曲がってもいい。
来た道を戻ったっていいんです。

決めるのはあなた。
あなた自身が「これでいい」と思えれば、それが答え。

100人いれば100通りの生き方があって、100通りの幸せがある。
そのどれもが間違いではないんです。

心が苦しいときはシンプルに

もう「こうあるべき」なんて自分を縛りつけなくてもいい。
そうやって自分自身を追い込まなくても幸せになれるから。

「自分はこんなに我慢しているのに」
そうやって他人にも同じように「こうあるべき」を求めなくてもいい。

自分の中にある「こうあるべき」をひとつずつ捨ててみよう。

「本当に良いのかな?」
最初は少し不安に感じるかもしれない

大丈夫、幸せに生きるうえで必要なものなんてそう多くはありません。

あなたを苦しめていたのは、あなた自身の執着でしかないんです。
捨てればその分軽くなります。

さあ、余計な衣は脱ぎ捨てよう。

心が苦しいときは手放すこと。
物事をシンプルに整理してみましょう。

ほら、もうあなたを縛るものは何もないから。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く