深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

一度きりの人生を後悔なく生きる 人生を楽しむ心の在り方

一度きりの人生です。
時間はすべての人に平等に流れます。

楽しみながら生きるのも悲観しながら生きるのも、同じように時間は過ぎていく。
泣いても笑っても、たった一度の人生です。

どうせなら幸せに暮らしたいはずです。
誰だって後悔なく満たされた人生を歩みたい。

大切なのは心の在り方。
一度きりの人生を心豊かに過ごしていきましょう。

スポンサードリンク


結果を決めつけない

はじめる前から結果を決めつけないことです。

どうなるかなんて、やってみなければわかりません。
未来のことは誰にもわからないのだから。

やってみてダメだったら、また別の方法を考えればいい。

たとえ失敗しても、その経験は次に活かすことができるのです。

「やっておけばよかった」
後悔しても時間は戻せない。

人生はトライアル・アンド・エラー。
困るのも諦めるのも、やってからでも遅くはない。

「開け、ゴマ」
もしかしたら、そんな一言で扉が開くことがあるかもしれないのだから。

関連記事 人生一度きり 後悔なく生きることを楽しむために

失敗を怖がらずに自分から動き出す

失敗することを怖がらないでください。
何かをはじめるのに遅いことなんてありません。

誰だってはじめは上手くいかないもの。
間違えて、悩んで、いつかその経験が自分の糧となるのです。

間違うことは悪いことではないんです。
問題なのは、その間違いにいつまでも囚われて、今を生きようとしないこと。

ゴールまでの最短距離を進むだけが全てではありません。
遠回りしたからこそ見える景色があります。

何度だってやり直せます。
一度きりの人生です。

踏み出せば動き出す。

受け入れる勇気を持てれば世界が変わります。

考えているだけでは見えてこない。
「きっかけ」は待つものではなく、自ら動き出すことで掴むことができるのです。

関連記事 一歩踏み出す勇気が持てないあなたへ 失敗を恐れなくていい

他人がどう思うかは関係ない

人の目を気にして、つい「いい人」を演じてしまう。
「それでいい」と、誰かに認めて欲しい。

だけどね、他人の承認を得ることが目的になってしまうと苦しいものです。

誰かの価値観を生きることになってしまいます。

人と違っていてもいい。
空気なんて読まなくていい。


周りがどう思うかなんて関係ない。

生き方に正しいも間違いもありません。
あなたの人生の主人公はあなた自身です。


私たちは他人の評価を生きているのではありません。
誰かの期待に応えるために生きるのではありません。

他人がどう思うかではなく自分自身がどう思うか。

私たちはいつだって、自分の人生を楽しみながら生きることができるのです。

関連記事 人生を楽しむために 人と違っていい、思うように生きていい

自分の気持ちに正直に生きる

「正しく生きないと」
「正しい人間でいないと」

そうやって自分を押さえつけて生きなくていい。
そんな窮屈な生き方では息苦しい。

我慢しなくてもいい。
溜め込まずに吐き出せばいい。

自分自身へのいいわけは必要ない。
自分の心に嘘をつくのはもう終わり。

あなたの人生の選択に誰の許可も承認も必要ありません。
思うままに、望むように生きればいい。

偽らずに自分の気持ちに正直に生きればいいのです。

関連記事 我慢しなくていい 自分の気持ちに正直に生きていく

自分の幸せのために生きる

誰かを憎んだり、誰かを恨んだり。

そんなことに時間を割いていても仕方がない。

過去を悔やんだり、誰かに責任を押し付けたり。
変えられないことに囚われるのはもう終わり。

一度きりの人生です。

過ぎ去った時間は二度と帰ってきません。

誰かを攻撃したり、他人を貶めている暇があれば自分自身に目を向ける。

人を不幸にすることに時間を使うぐらいなら、自分の幸せのために使いましょう。

あなた自身が幸せになるために、あなたの人生はあるのです。

他の誰でもなく、自分の幸せのために生きていきましょう。

関連記事 自分のために生きる 自分の幸せのために人生の時間を使う

誰かとの比較も競争もいらない

人生は勝敗のあるゲームではありません。

他人と自分を比べる必要なんてないんです。

不要な競争も、必要のない努力もやめにしましょう。


どれだけ幸せに見せる努力をしても幸せにはなれません。
幸せの基準は自分の中に持つのです。


求め続けるかぎり満たされないまま。
誰かと比べているかぎり心は休まらない。

「物」ではなく、「心」を豊かにする。
そこに競争はなく、誰もが穏やかに生きていけるのです。

関連記事 人生のラットレースから抜け出す 意味のない競争をやめる

一度きりの人生を楽しむ心の在り方

「今さら言っても、もう遅い」
たしかに過去のことは変えられません。

「環境が悪い」
「持って生まれたものが違う」

人それぞれ違いがあります。
自分ではどうすることもできないこともある。


だけどね、今からどう生きるかは選ぶことができます。

足りないものを嘆いていても仕方がない。
大切なのは今あるものをどう活かすかです。

生き方はいつからでも変えられる。

今日からでも、今からでも望むように生きられる。

大切なのは日々の心がけ。
普段からの意識の持ち方です。

一度きりの人生を、後悔のないように笑顔で生きていきましょう。

関連記事「後悔しない生き方」のために大切にしたい7つの心がけ

コメント0件

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top