深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

本当に大切なことからはじめよう 少しぐらい問題があっても大丈夫

本当に大切なことから目を背けている人がいます。

「仕事だから仕方がない」
「時間ができれば」

あれもしなきゃ、これもやらなきゃ。
ずっと、やるべき仕事、片付けなければいけない問題に追われたまま。

いつだって大切なものは置いてけぼり。
「全部終わってから」では、いつまでたっても変わらない。

私たちに与えられた時間は永遠ではありません。
一度立ち止まって、自分自身の心に問いかけてみましょう。

あなたにとって本当に大切なことは何ですか?
今、本当に大切なもののために生きていますか?

スポンサードリンク


人生に問題はつきもの

「この問題さえ解決すれば」
「もう少し落ち着いたら」

そうやって私たちは、本当に大切なことをないがしろにしてしまいがち。

「もっと落ちついた状況で」
「完璧な状況で」

「すべての問題が解決してから」
そんなふうにして、本当に望んでいることはいつも後回し。

人生に問題はつきものです。
いつまでたってもなくならない。

人生は有限です。
時間を巻き戻すことはできません。

少しぐらい問題があったって、まずは動き出そう。
あなたにとって本当に必要なことからはじめよう。

チャンスを待っていたって時間だけが過ぎていくばかり。
タイミングは自らつくり出すものなのです。

問題は私たちの心の中にある

問題があることを理由にするのはやめにしましょう。

だからといって何も手を打たなくていいということではありません。
問題を放置したままでいいということではないのです。

目の前にある問題から目をそらしても何の解決にもなりません。

でもね、生きていれば問題は常にあるものです。
予期せぬトラブルや、理不尽で不運なことだって起こります。

問題がある状態を必要以上に気にしていても切りがない。

それにね、大抵は問題だと思い込んでいるだけ。
本当は大した問題でもないのがほとんどです。

大変なことになると思い込んでいるだけ。
必要ではないものを必要だと錯覚しているだけ。

みんなにとっての必要が、あなたにとっての必要だとは限りません。

やらないための言いわけはいらない。
変わらないための言いわけも必要ない。

もう自分に嘘をついて生きるのは終わりにしましょう。

自分にとっての大切なことを中心に

この先何があるか誰にもわかりません。
明日がどうなるかなんてわからない。

だからこそ今日が最後の日だと思って過ごしてみましょう。
たとえそうなっても後悔のないように毎日を楽しみましょう。

何が本当に大切なのか。
自分にとって優先させたいことは何なのか。

もっと自分の心に正直になってみることです。
私たちは自分の生きたいように生きていいんですから。

いつだって、あなたを縛り付けるものはあなた自身。
問題も見えない壁も、あなたの心の中にしかないんです。

私たちの人生は私たちの意思で選びとることができます。

いきなり大きく変わらなくてもいい。
はじめは小さな一歩でいい。

今ここからはじめてみましょう。

コメント1件

コメント & トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも心に響く言葉に救われています。
    長く生きてきましたが、いくつになっても迷い戸惑いにぶつかります。

    自分で自分を縛ってしまうのですよね!
    これからも元気になる言葉をいただきたいです。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top