深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

頑張りすぎて生きることに疲れたら 力を抜いて生きよう

2014年4月28日

自分にも他人に厳しい人がいます。
必要以上に課題を与えて、我慢して、無理をしてしまいます。

気がつかないうちに、少しずつ少しずつ、心が疲弊していく。

そんなに頑張らなくても大丈夫。

生きることに疲れたら、頑張ることをやめてみましょう。
無理せず力を抜いて生きてみましょう。

スポンサードリンク

生きることに疲れたときに考えたい6つのこと

1.完璧を目指さない

他人にあって自分にないものが気になる。
他人のできるのことができないと、自分はダメだと感じてしまう。

完璧な人間などいません。
人にはそれぞれできることと、できないことがあるのです。

何かを足していくことで、足りないものを埋めようとしなくてもいい。

誰もが不完全な存在です。
その不完全さを受け入れましょう。

関連記事 完璧なものはない、足りないものを求めない 不完全だが一人ではない

2.いいかげんは「良い加減」

ついつい頑張りすぎてしまう。
あともう少しと思っていてもやりすぎてしまう。

常に目一杯ではすぐに疲れてしまいます。
何事もほどほどぐらいで丁度いい。

もっといいかげんでもいいのです。

いいかげんというのは「良い加減」です。
ちょうどいい良い加減ことなのです。

肩の力を抜いてみましょう。
もっと楽にいきましょう。

関連記事 頑張りすぎてしまうあなたへ 「ほどほどに」するをしてみよう

3.我慢せずに休む

周囲の目が気になる。
取り残されるんじゃないかと不安になる。

休みことができないという人が案外、多いのではないでしょうか。

恐れなくてもいい。
焦らなくていい。

人生は長いのです。
ときには思い切って休むことも必要です。

また歩きだせばいいのですから。

関連記事 「小休止のすすめ」無理せず休む、立ち止まってもいい

4.大丈夫、なんとかなる

失敗したらどうしよう。
上手くいかなかったらどうしよう。

つい悪い方に考えてしまいがちです。

悲観的な未来はただの想像です。
わかるはずのない、未来のことで悩むのはやめにしましょう。

悪いことばかり起こるものではありません。
思った結果と違っても、なんとかなるものです。

怯えなくても大丈夫。
きっとなんとかなりますから。

関連記事 「大丈夫、なんとかなるさ」まだ起こっていないことで苦しまない

5.必要のない努力をやめる

他人と比べて必要以上を得ようとする。
もっともっとと今より多くを求めてしまう。

見栄を張って要らないものまで欲しがる。
そのために、今ある大切なもを犠牲にしてまで努力を重ねてしまう。

無理をして頑張るから生きることに疲れてしまうのです。
もう必要のない努力を続けるのはやめにしましょう。

すでにあるものに目を向けてみましょう。

関連記事 「がんばらない生き方」不要な物のための余計な努力をやめる

6.平凡こそが幸せ

人は特別になりたがる。

普通の自分に納得できず、平凡な人生に満足できない。
今いる場所に不満を感じて、ここではないどこかに「特別」を求めます。

求め続ける人生は苦しいものです。
満足する心を知らない限り、幸せを感じることはできません。

私たちは誰もが等しく「特別」であり、また「平凡」でもあるのです。
ありふれた日常を生きられる幸せを感じましょう

関連記事 繰り返しの毎日と退屈な人生を「平凡だけど幸せな毎日」へ

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く