深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

「がんばらない生き方」不要な物のための余計な努力をやめる

2014年3月19日

いつも無理をして、がんばりすぎてしまう人がいます。
何でも背負い込んでひとりで苦しんでいる人がいます。

私たちに必要なのは「がんばらない生き方」です。

不要なもののための努力ならやめてしまっていい。
自分を傷つけてまでがんばる必要なんてないのです。

スポンサードリンク

がんばらない生き方

周りを見渡せば、不要にがんばって生きている人が沢山いるように思います。
人生という限られた時間の中を、必要以上にがんばろうと生きている人です。

努力することを否定するのではありません。
努力をしなくていいと言っているわけではないのです。

ただ、がんばることは目的ではないはずです。

必要以上のものを求めないということ。
必用のないもののための、必要のない努力をやめるといことです。

優越感を得るために必要以上を手に入れようとする。
みんなが持っているという理由で必要のないものまで求めてしまう。

そんなもののために、がんばらなくてもいいのです。

自分にとって必要なだけ

あれもこれも全部欲しい。
誰からも嫌われたくない、皆から好かれたい。

多くを求めるから疲れてしまう。
不要なものまで求めるから抱えきれなくて潰れてしまう。

見栄を張って強くみせようとしなくていい。
無理をして自分を大きく見せる必要なんてありません。

偽らず、自然体でいいのです。

人の欲には際限がありません。
求めて求めても、さらに求めるのが人というものです。

だからこそ、自分に必要なものを見極めることが必要になってきます。
必要な量で満足する心を身につけることが必要なのです。

自分にとって必要なものだけで「ほどほどに生きる」こと
それが穏やかで満ち足りた暮らしに繋がるのです。

足るを知り、小さく暮らす

必要なものだけ持つ、とは何かを我慢することではありません。
無理に欲望を抑えつけてしまうことでもありません。

多くのものを得ることが幸せではないと理解することです。

何か大きなことを成し遂げることが幸せではありません。
満足することなく、いつまでも何かを欲している人は、いつまでも幸せを感じることはないでしょう。

他人と比べるから欲しくなる。
認められようとするから苦しくなる。

不要なものは捨ててしまいましょう。
持ちきれない余計なものは捨ててしまいましょう。

無駄なものを増やすためにがんばらない。
本当に大切な、必要なものだけでコンパクトに暮らす。

そんな「がんばらない生き方」をはじめてみませんか?

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメント & トラックバック

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 松籟さん

    ありがとうございます。

    人に合わせようとしているのか
    自分自身が望むものがその先にあるのか
    をよく考え、

    自分自身と向きあいたいと思います。
    アドバイスありがとうございました!

  2. なるべくがんばりすぎない様、無理しない様に
    心がけています。

    最近、我慢とがんばるの
    区別がよくわからなくて迷います。

    我慢したり、耐える事が
    必要な事もあると思いますが、今自分が

    我慢しているのか
    頑張りすぎているのか、分からず、
    こういう場合、何を目安にがんばらない
    様にするのがお勧めですか?

    • ひよりさん

      大切なのは何のために頑張るのか、ということではないでしょうか。
      頑張ること自体が目的になってしまったり、見栄や劣等感を埋めるために頑張るのではないということです。

      どこまで頑張るのか、どこまで我慢できるかも人それぞれ違うと思います。

      他人に合わせるのではないということ。
      自分自身と向き合いながら、無理のないペースを心掛けていくといったことではないでしょうか。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く