深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

自分のために生きる 自分の幸せのために人生の時間を使う

2015年8月26日

自分のために生きることができない人がいます。

人の不幸を願い続けている人。
他者を攻撃してばかりの人。

人生は有限です。
誰か貶めるために時間を割くなんてもったいない。

自分の幸せために生きましょう。
あなた自身のために、あなたの人生はあるのですから。

スポンサードリンク

自分のために生きる

人を貶めることに必死な人がいます。

今の自分に自信がないから。
現状の生活に満足できないから。

誰かを引き下げることで安心しようとする。

他人を羨んでいつもイライラと余裕を失くして。
人の幸せを妬んで周囲に攻撃的になっているのです。

人から受けた小さな傷にいつまでも執着する人がいます。

「こんなの許せない」
「自分だけ損をして納得いかない」

そうやってずっと抱え込んだまま手放せないるのです。

もう、そんな苦しい生き方はやめにしましょう。
誰も救われない生き方では悲しいだけです。

人生の持ち時間はそんなに長くはありません。
幸せに必要なのは自分のために生きることです。

自分の幸せのために人生の時間を使う

限られた時間を大切にしましょう。

誰かを憎んだり、誰かを恨んだり。
そんなことに時間を割いていても仕方がない。

一度しかない人生です。
過ぎ去った時間は二度と帰ってきません。

誰かを攻撃したり、他人を貶めているひまがあれば自分自身に目を向ける。
人を不幸にすることに時間を使うぐらいなら、自分の幸せのために使いましょう。

あなた自身が幸せになるために、あなたの人生はあるのです。
自分のために生きることが必要なのです。

人生のムダ使いはもう終わり。

自分の大切なもののために時間を使いましょう。
あなた自身の幸せのために生きましょう

他の誰でもなく、自分のために生きるのです。

あなたも、みんなも幸せになっていい

私たちの幸せを決めるのは私達自身。

他人がどうかなんて関係ない。
他の誰かが不幸になったって、あなたが幸せになるわけじゃない。

幸せは他人との競争でもイス取りゲームでもありません。
そのことを理解しておかないと、いつまでも足の引っ張り合い。

他人の不幸を願ううちに、あなた自身も幸せから遠ざかってしまいます。
それでは誰も幸せになれないまま。

あなたは幸せになっていい。
同じように他のみんなも幸せになっていい。

上も下もない。
比べる必要なんてどこにもない。

まずは自分が幸せになることを考えましょう。
そうすれば他人の幸せを祝うことができるのだから。

自分のために生きることで、周りを幸せにすることもできるのです。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く