深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

人生の目的は幸せになること 生きること楽しむこと

2014年11月23日

人生の目的とは何なのか?
どうすれば望むように生きることができるのか?

人は今に満足できずに、常に上を目指そうとします。
今ない何かを求め、特別な自分になろうとする。

遠くに答えを求めても見つからない。

探すのは「どこか」ではなく「ここ」
「いつか」ではなく「今」なのです。

スポンサードリンク

人生の目的に気づく

結果ありきの行動。
過程そのものを楽しむ行為。

前者はどこかへ向かう移動や、明確な目的を成すためにあります。
後者は遊びのように、それ自体が目的になっているもの。

私たちはつい、前者のように何かを成すために今を犠牲にして生きてしまいます。
人生は前者ではなく後者。

幸せな明日のために、今日を我慢して生きる必要なんてない。
何かを達成すること、どこかへ到達することが人生の目的ではないのです。

「日々の暮らし」という、道中にこそ目的がある。
今を生きることを楽しんでみましょう。

もちろん苦しいことやつらい時もあります。
それも含めて生きることを楽しむのです。

同じ日は二度とこない。
「今」という瞬間はもう訪れることはないのです。

結果だけに囚われない

結果ばかりに囚われている人がとても多いように感じます。
失敗を恐れていては何もできなくなる。

間違えてもいい。
上手くいかなくてもいい。

一度の失敗で終わりではありません。
大切なのは、そこから何を得るか。

今までの自分を否定しなくていい。
目標を果たせなければ全てが無意味になるようなものではないのです。

結果はあくまでも結果でしかない。
本当に重要なことは学んだことや、人との出会いにある。

自分自身で、自らの人生を無意味なものにしてしまわない。
失ったものではなく、残っているものに目を向ける。

どんな人生でも、そこに意義を見出すことができるのはあなた自身なのですから。

人生の目的の見つけ方

使いきれないほどの沢山のものを手に入れること。
人に自慢できるような何かを成し遂げること。

どちらも人生の目的でありません。

自分にとって必要なものがあればいい。
自分自身が幸せだと感じられているなら、それでいい。

誰かと比べて落ち込んだり不安にならなくてもいいのです。
便利な暮らしも華やかな生活も、本当に必要なものではありません。

私たちの生きる意味は幸せになることにあるのです。

幸せになるために資格はいりません。
定員も順番待ちもありません。

必要なことは今ある幸せを感じること。
足るを知るということこと。

人生の目的は見つけるものではなく、自分の中に気づくものなのです。
 

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメント & トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はじめまして。1年ほど前に神経難病を発症した74歳の夫を介護している70歳の妻です。
    偶然この深呼吸日和にたどり着きました。
    読んでいるうちにとても心が安らいでくる感じがして、かなりの数のブログを読ませて
    いただきました。
    はじめは、「とてもいいことが書いてあるけど、現実はそうはいかないから悩んでいるのよ」
    という気分にもなりましたが、次第に松籟さんの言葉が心に沁みてくるように感じています。
    今とても気に入っているのが、「まっ、いいか」という言葉。いろんなことで落ち込んだり
    イライラしたりした時に、この言葉を心の中で呟くと、本当に「まっ、いいか」という
    気分になります(笑)とてもいい言葉ですね。
    今、「まっ、いいか」と「毎日が奇跡」を自分へのおまじないにしています。
    けっこう効きますよ!!! これからも松籟さんの色んなブログを楽しみにしています。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く