深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

新しいことを始めるのを怖がらなくていい 失敗したっていい

2015年1月9日

「何か新しいことを始めたい」
「ずっとやりたいと思っていることがある」

趣味でも仕事でも、新しいことチャレンジしたい。
そんなふうに考えている人は多いのではないでしょうか。

今回こそは心を入れ替えて挑戦してみよう。
そうは思ってもつい尻込みしてしまうのが人の心というものです。

大丈夫、恐れることなんてない。
新しいことを始めるのに遅いことなんてありません。

必要なのは「きっかけ」ではなく、はじめの一歩を踏み出す「勇気」です。

スポンサードリンク

新しいことを始めるのを恐れない

知らない世界に飛び出すのは勇気がいることです。
はじめる前が一番怖い。

「うまくいかなかったらどうしよう」
「予想外のことが起きたらどうしよう」

わからないから不安になります。
あれこれ想像して自分の中で心配の種を大きくしてしまいます。

今は忙しいから。
まとまった時間がとれたら。

そうやっていつも先延ばしにする。
自分に言い訳をして、やらなくてすむ理由をつくり出す。

結局いつまでも変わらないまま。

新しいことを始めるのに良い日を待っていたってやってきません。
あなたが動き出したときが最良のタイミングなのです。

失敗したっていい

人は自分にとって居心地のいい場所に留まろうします。

挑戦しなければ失敗することもない。
チャレンジしなければ上手くできなくて恥をかくこともありません。

「格好わるい自分」を見せたくない。
「ダメな自分」を認めたくない。

私たちは間違えることよりも、人から間違えていると思われることが嫌なのです。
他人からの評価に対して臆病になっているのです。

怖がらなくていい。

失敗しない人なんていません。
間違いは恥ずかしいことではないのです。

他人からどう思われるかではなく自分がどうしたいか。
やらなければきっと後悔が残ります。

一度しかない人生です。
自分の心に正直に生きましょう。

とにかく動き出す

いきなり大きく踏みだそうとするから動けなくなる。
一気に全部やろうとするから面倒になってしまうのです。

何でもいい、どんな些細なことでもいい。
ますばひとつ目の前の課題を片付けてしまいましょう。

大切なのはとにかく動き出すこと。

毎日の行動が習慣になる。
小さな積み重ねが自信につながります。

自分と他人を比べたりしなくていい。
目先の結果ばかり囚われない。

未来を決めつけず、見返りを求めないことです。
何かのために我慢するのではなく、全力で今を楽しむ。

難しく考えずに一歩を踏み出してみましょう。
新しいことを始めるのを怖がる必要なんてないのですから。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く