深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

人は本心を隠す 傷つくのが怖いから、でもわかって欲しい

人はなかなかは本心を語りません。

本当のことを言って否定されたくないから。
受け入れてもらえなくて、傷つくのが怖いから。

自分を守るために「本心を隠す」という選択をします。

自分のことをわかって欲しい。
本当の気持ちを察して欲しい。

だけど、傷つきたくないから本当の気持ちは隠したまま。
歪めているから思いが上手く伝わらない。

スポンサードリンク


わかって欲しい、受け止めてほしい

自分の気持ちを表現できない。
上手く言葉で伝えられない。

だから苛立つ。
わかって欲しいのに、わかってもらえない。

その憤りから、自分を責めたり、他人に攻撃的になってしまいます。
理不尽に急に怒りだしたり、理由もわからず突然泣き出したり。

自分のことを認めて欲しい。
自分の気持ちを受け入れて欲しい。

ずっとサインを発している。
早く気づいてと、叫び続けている。

だけど、安全なところから遠回しに伝えているだけ。
傷つかないように、婉曲的な態度で示しているだけ。

自分から心を開く

わかろうとしない周りが悪い。
自分を正当化して、他人を責めてしまいます。

本心を隠すから、物事がややこしくなる。
自分から複雑にしてしまっている。

受け入れてもらいたければ本心をさらけ出すことです。

心を開かなければ傷つくこともないでしょう。
だけど、開かなければ受け入れられない。

こちらが心が開かないから、他人も心を開いてくれない。
選択しているのはあなた自身です。

相手が「わかってくれない」のではありません。
あなたが「閉ざしている」だけなのです。

心を偽るから苦しくなる

自分でも気がつかないうちに、本心ではないことを本心だと勘違いしてしまうことがあります。

言ってもどうせわかってもらえないから。
どうせ他人には私の気持ちはわからないから。

そうやって、本心を言わなくてもいい理由を探します。
自分の心を偽るから苦しくなる。

受けとめてもらえるから伝えるのではないのです。
それでは自らの行動を、他人にゆだねているだけでしょう。

大事なことは相手の反応ではなく、伝えたいという自らの思いではないでしょうか。

どれだけわかり合ったと感じても、私たちは別々の存在です。
完全に他人を理解することはできません。

それでも、まずは本心を伝えること。
異なる者同士だからこそ、伝えなければわからないことがあるのです。
 

コメント5件

コメント & トラックバック

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いろいろな事を教えてくださり、ありがとうございます。正直私は要らない子だと思っています。まあ理由としては、私が何もできない子だからです。学校でもよく、やってもできない子YDKと言われています。でも、本当の私を出せずに言われっぱなしでした。たまに、学校のトイレで泣いたりしていたり、仮病を使って学校を休んだりしていました。でも、家でも嫌なことばかりでした。私より下の子にお前呼ばわりされたり、パシリとして使われたりしていました。もう私の居場所なんてないじゃん、もういじめないでよ、なんてずっと思っていました。六年生の時だって、いろいろな気持ちが溢れてきて、押さえられなくなって、クラスの男子を殺そうとしてはさみを持ちながらせめたり、追いかけたりして本気で殺そうとしていました。でも、止められてしまいました。その時私は泣いていて、自分でも何故泣いているのかよくわかりませんでした。そのあと、自分でもあり得ないと思うほど涙か出てきました。泣きすぎて苦しくなったこともありました。だけど、貴方のおかげで話してみようかなと思えました。ありがとうございます。

  2. 独りで生きる為の人生設計をしたい

    • 人は誰かを支え、誰かに支えられながら生きています。
      私たちはどこまでいっても他者の存在と共にあるのです。
      必要なのは孤独に耐える準備ではなく、誰かと生きる心構えなのではないでしょうか。

  3. 悲しみや、苦しみ先に幸せってあるのかな?

    • コメントありがとうございます。
      悲しみや苦しみを経験するからこそ、気が付けることもあると思います。

      生きていればつらいことも、もちろんあります。
      そこから何を見出すかが大切なのではないでしょうか。

      今がどんなに苦しくても、私たちは幸せに生きることができるのです。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top