深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

人生なんとかなるさ 大丈夫、心配しなくていい

「今のままじゃダメだ」
「どんせ自分なんて幸せにはなれない」

落ち込むことが重なって生きる意味がわからなくなってしまう。
自分に自信が持てなくて、ついネガティブなことばかり考えてしまいます。

大丈夫、人生なんとかなる。
ひとつの失敗を必要以上に大きく考えないでください。

悲観的になる必要なんてありません。
そう悪いことばかり起こりはしませんから。

人生なんとかなる

どうしてこんなことになったのか。
なぜ自分がこんな目に合わなければいけないのか。

変えられないことに囚われて、目の前の現実受け入れられないでいる。
変えられないことではなく変えられることに目を向けてみましょう。

今、自分になにができるのかを考えるのです。

「これがないと」
「これができないと」

視野が狭くなってひとつの意見以外が見えなくなっている。
あなたを苦しめるだけの間違った思い込みは手放してしまえばいいのです。

答えはひとつじゃない。
方法はいくらでもあるのですから。

ありのままを受け入れる覚悟

未来は決定されたものではありません。
これからどうなるかは誰にもわからないのです。

絶対に「こうなるべき」だと未来を決めつけないこと。
どうなるかわからないからこそ、どうなってもいい心構えでいる。

心からどうなってもいい。
そう思えた時こそ、どんなことも受け入れる覚悟を持つことができる。

それは投げやりになることではなく、ありのままを見つめること。
決めつけないからこそ、何があったとしても「人生なんとかなる」と思えるのです。

絶対に思い通りにしたいという完璧主義。
他人と比較し、人生を勝ち負けではかるような考え方。

余計なものはみんな捨ててしまえばいい。
「理想」や「期待」といった執着を手放すことで、心はいつも穏やかでいられるのです。

今を生きる

私たちにできることは「今」を懸命に生きることだけです。

当然、思い通りにいかないこともあるでしょう。
上手くいくこともあればダメたときだってあります。

大切なのは自分自身が「これでいい」と思える選択をすることです。
そしてその結果がどんなものであれ、ありのままを受け入れること。

だからこそ自分の心に正直に生きるのです。

失敗を怖がる必要はありません。
自分をごまかして、他人や環境のせいにするのではありません。

そのうえで上手くできなかったときは、そんな自分を認めてあげることです。
反省があったのなら次に活かせばいい。

余計なこだわりを捨ててしなやかな心を育みましょう。
そんなに心配しなくても、人生なんとかなるものですから。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメント & トラックバック

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 26歳の息子の将来を考えると不安でいます 息子は不器用で今まで何度解雇になったか それでも本人は前向きで 資格を取ったりして努力しているのですが 長い目で見てくれる企業って皆無に等しいです 
    一所懸命 行動して努力しても 定職に就けれない息子を見てると 不憫です 
    息子は近くのアパートを借りていますので 自分でなんとかしないとと思っていて 解雇になったことをがっかりさせたくないからと私に言わず一人でなんとかしようとするので本当に不憫です ずーっとこう悩むのか いつか努力が実る日はくるのでしょうか

  2. この記事を読み、少し気持ちが晴れました。
    大学を卒業し、新卒で会社に入社したものの、セクハラを受け会社に不信感を抱き辞めました。それからなかなか前向きになれず、心を閉ざしてしまっています。
    なんとかなる!そう思えるようになれる日が早く来るといいなと思います。

    • hirokoさん

      コメントありがとうございます。
      ずっと苦しい思いをされてきたんですね。

      これまでに何があったとしても、これからどう生きるかはhirokoさん自身で選ぶことができます。
      大切なことは変えられない過去ではなく「今」に目を向けることだと思います。
      無理はせず、ご自身のペースで進んでいってください。

  3. 日米民主文庫

    駅で電車をまっている間、仕事の合間、読み返しいつも元気をもらっています。ありがとうございます。きっと「人生どうにかなります」。「人生とは怒り、悲しみ、傷つき」と考えるなら、それは自分で選択したもの。きっと違う選択肢があるはず。どんなことでもプラスにとらえらるそんな生き方をしたいものです。

    • 日米民主文庫さん

      コメントありがとうございます。
      これからの人生は、過去にによって決められるものではありません。
      自分自身の選択で前向きに生きていきたいですね。

  4. 46歳の男性会社員です。昨年4月に予期せぬ人事異動があり、それ以来、心が折れたままです。
    それさえなければ、楽しい日々が続いていただろうに、全てが悪くなり、何故こんな目にあったんだろうと嘆いてばかりで、未だに現実を受け入れることができなく卑屈になっています。この記事を読んで、とても勇気づけられました。ありがとうございました。

    • としさん

      コメントありがとうございます。
      受け入れがたい現実に直面すると、つい目を背けたくなりますね。

      ですが過ぎたこと、変えられないこと囚われていては前に進めません。
      変えられないことではなく、変えられることに目を向ける。

      これからの人生を築いていくのは今の自分自身なのですから。

  5. ありがとう。少し心が楽になりました。励みになります。

    • むっちゃんさん

      コメントありがとうございます。
      お力になれてなによりです。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く