深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

出来ることから少しずつ 小さな一歩を大切にする

2015年4月27日

山積みになった問題にどこから手を付けていいのかわからない。
やらなければいけないとは思っているのに、つい目を逸らしてしまう。

そんな、できない自分を責めて余計に気分が滅入ってしまう。

いきなり全部やろうとしなくていい。
物事をゼロか百かで考えてしまうと動けなくなってしまいます。

少しずつ進んでいけばいい。
自分の中の小さな一歩を大切にしてみましょう。

スポンサードリンク

はじまりは小さな一歩から

便利な世の中になり、どこにいても知りたいことがわかるようになりました。

私たちはすぐに結果がでるものを求めてしまいます。
つい時間がかかるものや面倒なことを避けてしまいがちです。

だけど、どんな物事にもはじまりはあり、そのはじまりは小さな一歩。
目の前の小さなことを繰り返す先に大きな成長があります。

焦らなくていい。
自分のペースで進めばいい。

のんびりでも少しずつでも、進んでいればいずれどこかに辿り着く。
ゆったり行けばその方が結果的に遠くまでいけます。

物事は急には変わりません。
いきなり大きな成果を得ているようにみえても、そこに至るまでには小さな積み重ねがあるのです。

結果だけに囚われない

人ひとりにできることには限界があります。
でることもあれば、どうにもならないことだってあります。

できなかった自分を責めたりしなくていい。

未来のことは誰にもわかりません。
できるかできないかを最初から決め付けなくていい。

はじめる前が一番不安です。
だけど、いざはじめてみれば案外スムーズにいくことがある。

「なんとかなるさ」と飛び込んでみれば意外上手くいくものです。
それに、たとえ思い描いた結果と違っても今までが無駄になることはない。

形のあるものだけが全てでははありません。
結果よりも大事なことは沢山あるのですから。

少しずつでも確実に

大切なのは少しずつでも歩み続けることです。
立ち止まっても後退しても、また歩き出せばいい。

たとえほんの少しでも、できた自分を褒めてあげよう。
小さな一歩であっても、前進したことを認めてあげましょう。

自分の中に種を植える。
いつか芽が出て、時間をかけていずれ大きな幹となります。

大切なのはどこへ向かうかではありません。
どこかに辿り着くことが目的ではないのです。

結果や未来にばかりではなく「今」に目を向ける。
その道中を楽しむのです。

そこでしか見えない景色があります。
遠回りしたからこその出会いがある。

人生もまた同じです。
何かを成すためではなく、生きることそのものを楽しんでみましょう。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. そういえば、いつの間にか自分で自分を追い込んでいる状態ってあるなぁ~って気付きました。
    気付いただけでホッとしました。
    ありがとうございます。

    • 木こりさん

      コメントありがとうございます。
      自分からハードルを上げて身動きがとれなくなってしまうことがありますね。
      難しく考えなくてもいいんです。
      肩の力を抜いていきましょう。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く