深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

人生に意味はない だからこそ自分に都合よく解釈すればいい

2013年11月26日

「人生の意味とは」
「自分の生きる理由とは」

些細なことから複雑な問題まで。
そこにある意味を求めてしまうのが人という生き物です。

だけどね、すべての物事に意味なんてない。
はじめから「意味」なんて決められていない。

だからこそ自分で意味を与えてあげればいい。
目一杯、都合のいいように意味をつくればいいんです。

スポンサードリンク

人生の意味に囚われない

人生の意味、生きる意味、働く意味、学ぶ意味。
私たちはいつも物事に対して何らかの意味を見出そうとします。

今の状況が苦しければ、これは与えられた「試練」だと捉えて。
これさえを乗り越えれば良いことがあるはずだと考える。

何か良いことがあれば、今まで頑張ってきた自分へのご褒美だと、自分の中に理由を見出します。

そうやって物事に意味を見出し、自分なりの理由を求めるのが私たちです。

それをモチベーションや目的に変えて、プラスに捉えることができる人もいます。
だけど中には、その「意味」に囚われて身動きがとれなくなってしまう人もいます。

もしもあなたが、人生の意味に縛られてしまっているのなら。
苦しむ必要なんてない。

人生に意味などないのだから。

物事に意味なんてない

何か出来事があると、起こった後に自分なりの理由づけをしてしまうものです。
それは自分への言い訳や納得させるための、後付けの理由でしかない。

外からの情報を自分の都合の良いように解釈して脳内で変換しているだけ。
本来すべての出来事に意味などありません。

意味は「ある」ものではなく、「与える」もの。
意味ははじめからそこになるものではなく、誰かが与えてはじめて意味になる。

そんなものに囚われるのは終わり。
はじめからないもので苦しんでいても仕方がない。

人生の意味も自分で与えればいいんです。
生きる理由もあなた自身で決めればいいんです。

人生に意味を持たせるのは自分

もともと意味などなかったものなら、目一杯都合良く解釈してしまえばいい。
意味がないからこそ、如何様にも理由づけができるのですから。

意味は無くとも、そこに自分なりの意味を見出し明日に繋げていくことはできます。

誰かに与えられた意味はいらない。
どこかで決められた理由も必要ない。

人生に意味を持たせるのは自分自身。

自分の望むように決まればいい。
正解も、誰かの許可もなくていい。

あたなの人生なのだから。

人生に意味はありません。
だからこそ自分で都合の意味を与えればいいんです。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く