深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

なんだか上手くいかないと思ったら 少しだけ考え方を変える

2014年6月6日

私たちはすぐに感情に振り回されてしまいます。
外からの刺激で簡単に心は揺れ動きます。

ちょっとしたことで落ち込んだり、不安になったり。
イライラしたり、悩んでみたり。

なんだか上手くいかないなあと感じたら、ほんの少しだけ考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

考え方を変えてみる

相手が理不尽なことを言うから傷ついた。
時間を守らない人がいてイライラした。

つい「誰かが」「何かが」と考えてしまいます。
上手くいかないことやイライラの原因が、外部にあると考えてしまいがちです。

少しだけ考え方を変えてみましょう。

誰かがイライラさせるのではなく、自分がイライラしているだけ。

主語を「誰かが」ではなく「私が」に変えてみる。
「何かが」ではなく「自分が」に置き換えてみるのです。

全てを1人称で考えてみるのです。

「誰か」に苦しめられているのではありません。
「私が」苦しんでいるだけ。

誰かや何かのせいで不幸なのではない。
自分自身が不幸だと感じているだけなのです。

同じ状況であっても腹を立てる人もいれば、そうでない人もいます。
ネガティブな感情を抱く人もいれば、何とも思わない人もいます。

状況や出来事が感情をつくるのではありません。
受け取り方が感情をつくります。

受け取り方を変えれば、そこから生まれる感情も変わります。

不安や悩み、上手くいかないことがあるのなら、少しだけ考え方を変えてみましょう。
それだけで解決する問題は、案外多いものです。

違う角度から捉えてみる

人それぞれ価値観や考え方が違う。
自分の考えを押し付けても仕方ありません。

違いがあっていい。
どちらが正しいかどうかではないでしょう。

他人も人生も思い通りにならなくて当然です。

変えようとするから苦しくなる。
決めつけているからイライラする。

角度を変えて物事を捉えてみましょう。

「勇気がない」のは慎重や注意深いとも言えます。
「飽きっぽい」のは好奇心旺盛だと言うこともできます。

どんな物事にも違う側面がある。
立場や見方を変えれば全く違う印象になることもある。

思ったことや感じたことが、必ずしも客観的事実ではないということです。

ひとつの考えに固執しなくていい。
どこから見るのかは自分次第です。

わざわざマイナスに目を向ける必要はありません。
どうせならプラスの部分に目を向けた方が、人生を楽しく過ごせるのではないでしょうか。
 

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く