深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

自ら挫折経験をつくり出す 全ては経験、失敗なんてない

2014年5月19日

何か新しいことをはじめたいけど一歩が踏み出せない。

上手くいかなかったらどうしよう。
どうせ失敗するだろうと、つい悲観的に考えてしまいがちです。

人は誰しも失敗したくない、挫折したくないと考えます。

ミスのない完璧な人間なんていません。
結果ばかりに囚われるのではなく、そこから得られるもの目を向けてみましょう。

スポンサードリンク

学びがあれば挫折はない

チャレンジするときには、少なからず失敗のリスクが付きまといます。

「恥をかきたくない」「惨めな思いをしたくない」
失敗を恐れるあまり何も挑戦しなくなる。

「時間がない」「どうせ向いていない」と、自分自身に言い訳をする。

はじめからやらないという選択をしてしまうのです。
チャレンジしなければ失敗することも、間違えることもないのだから。

失敗から学ぶことがあれば、それはすでに失敗ではないのです。
どんなことからでも何かを学ぶことはできます。

自ら「経験」を無意味な「失敗」にしてしまっているだけ。
ただの上手くいかなかった経験を「挫折」にしてしまっているだけなのです。

全てが貴重な経験です。
どんな経験も宝になります。

大切なのは他人がどう思うかではなく、自分の中でどんな意義を見出すかではないでしょうか。

やり方はいくらでもある

上手くいかなければやり方を変えてみればいいのです。
何が目的だったのかを問い直してみるのです。

目的へ至る手段はいくつもあるはずです。
ひとつが上手くいかなかったとしても、全てがダメではないでしょう。

「ちょっと躓いただけ」ぐらいに軽く受け止めてみましょう
「失敗は成功のもと」ということわざもあります。

何がだめだったのか?
どうすれば上手くいくのか?

上手くいかなかった経験を糧に、一歩ずつ成功に近づけていけばいいのです。

もし過去の挫折を引きずっているのであれば、そこから得たものを考えてみましょう。
どれだけ悩んでも過去の出来事は変わりません。

挫折経験をつくり出すのは「不運」や「環境」ではなく、自分自身です。

何かのせいにしたり、自分なんてダメだと苦しまなくていい。
失敗を良くないものだと考えたり、大きく考える必要はありません。

「学び」にするのも「挫折」にするのも、あなたの捉え方次第です。
全ては自分にとって必要で、大切な経験なのですから。
 

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 宝物になる日が来る様にと、
    詞をヒントにしながら
    新しい朝を迎えています。

    そんな最近を送っていたら
    今朝、ドラッカー最後の詩を、
    ラジオで初めて聴きました☆

    失敗にとらわれていないでもっと自由に
    わくわくしていていいんだぁ~っと
    また気づくことができました☆

    • ひよりさん

      コメントありがとうございます。
      失敗を恐れたり囚われたりしなくてもいい。
      どんなことからでも必ず気づきがあり、得るものがあります。

      自分のやりたいことを、やりたいように。
      それが一番なのではないでしょうか。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く