深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

よく使う言葉を変えれば人生が変わる 普段の言葉が自分をつくる

2013年11月20日

言葉には力があります。
普段からよく使う言葉が心に大きな影響を与えます。

とくに自分に投げかける言葉は、あなた自信をつくるのです。

「最近、何をやってもうまくいかない」
「楽しいことが何もない」

もしもそんなふうに感じているのなら。

普段からよく使う言葉を意識してみましょう。
自分自身への言葉を変えてみましょう。

スポンサードリンク

よく使う言葉が考え方の癖になる

何度も何度も語られる言葉は定着します。
脳内に「考え方の癖」の回路が作られるのです。

何か起こるたびに癖の回路を通って物事を考えるようになります。
同じ思考を繰り返すうちに、自分で自分に自己暗示をしているような状態です。

「気がつけばいつも悪口ばかり」
「ついマイナスなことばかり言ってしまう」

もしあなたのよく使う言葉がネガティブな言葉なら。
きっと物事の捉え方も、見える景色も、ネガティブなものになっているかもしれません。

それは、あなた自信の言葉によって「考え方の癖」がつくられているからです。

よく使う言葉が自分をつくる 

「ダメだ」「無理だ」「できない」
いつも自分に対して否定的な言葉を投げかけていると、本当にできなくなります。

できなくて、やっぱりなと納得する。
できたらできたで、おかしい、たまたまうまくいっただけだと否定します。

自分の中に「ダメな自分」を創り上げてしまっているからです。
反対に、いつも自分に対して肯定的な言葉をかけてみてくとどうでしょう。

「大丈夫」「できる」「うまくいく」
自信を持って言葉に出してみてください。

感じ方や見え方がプラスに転じてくるはずです。

ネガティブからポジティブへ言葉を変換してみましょう。
よく使う言葉をマイナスの思考からプラスの思考へ書き換えましょう。

考え方の癖を書き換えよう

自分に自信があって、常にプラス思考に考えられる。
そんな前向き人って、そんなに多くはありません。

私達はみんなどこかに弱さを抱えて生きているものです。
だからこそ些細なことで落ち込んだり後ろ向きに考えてしまいます。

必要なのは「考え方の癖」を書き換えること。
そのためにも意識的に、よく使う言葉を変えてみましょう。

よく使う言葉を変えれば人生は変わります。

自分を変えるのも、人生を変えるのも。
実は以外と簡単なことなんです。

同じように、幸せになることだって難しいことじゃない。

変えられないと決めつけて、蓋をしているのは自分自身です。
あなたの心が変わろうとしなければいつまでも変わることはありません。

私達はいつからでもは変わることができます。
そのためには、よく使う言葉を変えるだけでいいんですから

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く