深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

自分が嫌いな人へ 変えなくていい、そのままのあなたでいい

自分が嫌いなあなたへ。

「自分の性格が嫌い」
「自分に自信が持てない」

そうやって今の自分を否定する。
違う誰かになろうとする。

違う自分を演じたところで余計に苦しい思いをするだけです。
私たちは他人の人生を生きることはできないのです。

自分を嫌いながらの人生は苦しいもの。
自分を好きになれないまま生き続けるなんて悲しいだけ。

あなたはあなたのままでいい。

「ありのままの私」を受け入れてみましょう。
たとえどんな自分でも肯定して生きていきましょう。

自分が嫌いな人へ

自己肯定感を持つ

人はみんな違いがあるからこそ、私たちの人生は豊かになる。

性格なんて人それぞれあっていい。
いろんな価値観やものの見方があっていい。

みんなが同じように「理想の性格」になんてなる必要はありません。

無理に違う自分になろうとしなくていい。
他人と比べて、今の自分を否定しなくていい。

問題は性格そのものではなく、今のままでは生きづらいと感じていること。

変えるのは性格じゃない。
考え方をほんの少し変えるだけでいい。

ダメなところも含めて、今の自分でいいと思えるようになること。
ありのままを肯定して自分を受け入れられるようになること。

大丈夫、そのままのあなたでいい。
今のあなたのままでいいんです。

関連記事「自己肯定感」大丈夫、あなたはあなたのままでいい

自分を好きになる

性格自体に良いも悪いもありません。
それぞれの個性であり、それが個々の強みにもなります。

一見、ネガティブに思われがちな性格も、状況や見方しだいで印象も変わります。

人見知りや内気な性格は、慎重で落ちつきがあるともいえる。
図々しい性格も自分の意見がはっきりした人だといえます。

物事そのものではなく、受け取り方の問題です。
どうせ決まっていないのなら目一杯、自分に都合よく解釈してしまえばいい。

嫌いなところ、マイナスだと感じているものをプラスに変換してみましょう。
自分の中の「敵」を「味方」に変えてしまいましょう。

大切なのは何を持つかではなく、今あるものをどう活かすか。
「ないものねだり」をやめれば生きることが楽になる。

あなたの中に「敵」をつくり出しているのは、あなた自身。
だからこそ、自分でつくった「敵」を「味方」に変えることができるのもあなた自身です。

関連記事 自分を好きになる 自分の中の「敵」を「味方」に変える方法

ダメな自分なんていない

苦手なことはどんな人にもあります。
失敗することぐらい誰にでもあります。

完璧な人なんていません。

失敗も間違いも否定しなくていい。
「弱い自分」も「できない自分」も認めてしまえば楽になる。

「ダメな自分」なんて、どこにもいません。
「誰か」や理想と比べて、自分の中でつくり出した妄想でしかない。

自分を否定しても他の誰かには変われません。
自分自身を傷つけて、自ら苦しい思いをすることはない。

ありのままの自分を受け入れることです。
たとえ思い描いた自分はいなくても、今のあなたが本当のあなた。

自分を偽り目を逸らしていても苦しいだけ。
いつまでも自分のことを肯定することはできません。

関連記事 ダメな自分なんていない 言い訳で誤魔化さず、ありのままを認める

比べるから劣等感が生まれる

他人と自分を比べる必要なんてない。
人と人を比較したって何の意味もありません。

みんなそれぞれ良さがある
あなたにはあなただからこその価値がある。

どんな人も同じように素晴らしい。
違いがあるだけで、どちらが優秀か劣っているかという問題ではないのです。

人生は競争でも順位争いでもありません。
はじめから違うものを比べても仕方がない

比べるから劣等感を抱いてしまうのです。
わざわざ自分から嫌な思いをしに行かなくていい。

できないことや、自分に足りないものを数えるのはやめにしましょう。
私たちは誰もが不完全であるということを受け入れましょう。

関連記事「劣等感が強い人」 優劣ではなく、違いがあるだけ

愛されるために「何か」は必要ない

「必要とされるために何者かにならなければいけない」
「今のままでは誰も自分のことを認めてくれない」

自分に自信がないから、何かと引き換えに他者をつなぎ止めようとする。
不安だから今よりもっとと要らないものを増やしていく。

自分にはこんなに特典やメリットがある。
そうやって何ができるから、何を持っているから。

私たちが求めているのは、そんな条件付きの愛情ではないはずです。
それは本当にあなたを必要としているのではない。

ただ便利だから、役に立つから存在だから。
失えば捨てられる、変わりができれば去っていく。

私たちは商品ではありません。
愛されるために「何か」は必要ありません。

足りないものに目を向けているかぎり、足りないものはいつまでもなくならない。
どれだけ埋めても満たされることはないのです。

関連記事 見捨てられる不安に怯えない 愛されるために何も必要ない

自分を大切にする

自分を傷つけるのは、もうやめにしましょう。
もっと自分を大切にしてあげましょう。

自分のダメなところを探せば探すほど、ダメな自分に近づいていく。
足りないところを探すほど足りないものが増えていく。

何を持って生まれたかではなく、今あるものでどう生きていくか。
変えられないものではなく、変えられるものに目を向けてみましょう。

自分の心を救えるのは自分だけです。

いつでも自分だけは自分の味方でいてあげよう。
どんな状況にあっても、自分くらいは自分のことを愛してあげよう。

自分を大切にできない人に、幸せはやってきません。
自分を愛することができれば、他人も周りのものにも感謝できる。

誰もが今の自分のままで、幸せに生きていくことができるのです。

関連記事「自分を大切にする」今の自分を肯定して幸せに生きていく

「自分が嫌い」を「自分が好き」へ

全部受け入れて、自分のことを好きになる。

人と比べないこと。
絶対に「こう」と決めつけないこと。

「どうせ私なんて」
そうやって自分を卑下するのは、もう終わり。

自分が嫌いなあなたとは今日でお別れです。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメント & トラックバック

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. マイナス思考な名無しさん

    自分も、もうちょっと明るい方向を見ようかなと思うきっかけになりました。ありがとうございます。

  2. 心が楽になりました

  3. とても心に響き、まさに自分自身にいってくれているような気がして涙が出ました。ありがとうございます。

  4. 涙がでました。これで少しはすっきりできました。ありがとうございます。

  5. ありがとうございました。

  6. とても心に染みました。
    書いてくださりありがとうございます。

  7. このブログを見て今の自分を大切にしたいと思いました。
    ブログのページを印刷させて頂きました。
    ありがとうございます。

    • コメントありがとうございます。
      あなたはあなたのままでいいんです。
      今のあなたのままで幸せになれるんです。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く