深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

「毎日楽しくない」を「最高の人生」に変える丁寧な暮らし方

いつもと同じの一日。
単調でつまらない日々の繰り返し。

「毎日が楽しくない」
「何かおもしろいことでもないかなあ」

そうやって不満を漏らしているだけでは変わりません。

一度きりの人生です。
最高の人生を生きましょう。

あなたの人生の主人公はあなた自身です。
自らの心の在り方が「最高の人生」をつくるのです。

スポンサードリンク


「毎日楽しくない」を「最高の人生」に

私たちは慣れる生き物です。
自分が持たないものに惹かれ、現状に満足できなくなる。

刺激を感じてていたはずの新しい環境や、幸せ日々も色褪せていきます。
時間とともに「ありふれたの日常」に変わっていきます。

だけどそれは決して当たり前にあるものではないのです。
私たちには丁寧に生きる「感謝の心」が欠けている。

刺激に満ちた人生が充実ではありません。
多くのものを持ち、何でも思い通りになるような人生が幸せではありません。

人生は競争でも誰かと比べるものでもない。

足りない「何か」を求めることをやめてみましょう。
今以上を求めなくても、私たちは幸せで最高の人生を生きることができるのですから。

選んでいるのは自分自身

選んでいるのは自分。
つまらなくしているのはあなた自身。

だからこそ、自ら幸せな人生を選択することだってできるのです。

生き方は自分自身で決められる。
私たちには自らの人生を変える力があります。

現状がどうであろうと、過去に何があったとしても関係ありません。

幸せになるために遅いことなんてない。
いつからだって望むように生きていける。

環境や他人が変わることを待っているだけでは変わらない。
あなた自身が変われば、今からでも私たちは最高の人生を生きることができるのです。

最高の人生を生きる

どんな毎日も、平凡だけど特別な一日です。
二度と取り戻せないかけがえのない大切な時間です。

何があっても後悔のないように「今」を精一杯に生きる。

もちろんいいことばかりではないでしょう。
思いがけないトラブルや、受け入れたくない現実に直面することもあるかもしれません。

それでも、どんな一日であっても最高の一日。
最高の一日の積み重なった人生は最高の人生です。

心持ちしだいで生き方は変えられます。
行動を変えれば意識が変わる。

「毎日楽しくない」と不満を漏らしながら暮らすのか。
「最高の人生」だと、今に満足しながら生きるのか。

選ぶのはあなた自身です。

コメント2件

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 25歳の男より

    私は小さな頃から大人たち、若しくは同級生から「大人しい」といわれ続けてきました。それが自分だと思っていました。

    でも、実際は自分を抑えているだけ。内心はハッキリと自覚していて、もう少し大きくなったら自分も自由に生きれると信じていました。

    ですが、社会人になってからも私は自分を抑えたままです。もっと自分らしく振る舞いたいと思うけれど、時間が経ちすぎたのか「自分らしさ」さえわからないです。最近では自分が無い人間なんだと考えるようになりました。

    このコラムの最後の問い。私は後者を選びたい。でも、自然と前者を選んでしまうでしょう。選びたくても選べない、変化を恐れる自分がいるのか。それとも、もうどうでも良いのか。ウジウジと悩みすぎて、それさえもわからないです。

    ここのところ疲れてしまって、愚痴みたくなってしまいました。すみません。

    • By 40代女性です。

      40代後半の女性です。私も25歳くらいのときは、貴方とそっくりな悩みを持っていました。おとなしくて、自分の意見が言えず、というより自分の意見すらなく、人に合わせてばかりで、自分は何もできない小さな人間だと思っていました。自分の意見はないくせに、人に振り回されるのはもう嫌だと思って、このままじゃいけないと思っていました。

      でも、ある時ふと、自分は小さな人間なんだから、多少わがままに振る舞ったからといって、どのくらいの人が困るんだろう?と思い立ちました。私を振り回した人ほどは、周りに迷惑をかけないのではないか?私のわがままなんて、知れているんじゃないか?と思い始めました。そこで試しに自分のやりたいようにやってみようと思いました。

      とはいっても、今まで自分らしく振る舞ったことがなかったので、何をどうやったらいいのかわかりません。そこで、自分らしく振る舞っているけれど、周りの人をあまり困らせていないように見える人、つまり周りの人もその人の「自分らしさ」を認めているような人の真似をしてみました。どうしたらいいかわからないときは、その人にこういうときはどうするの?と質問してみました。すると、少し時間はかかりましたが、次第に自分が納得するような人生が拓けてきました。

      一方的に自分の体験を申し上げましたが、もしかしたら参考になるかも?と思って書いてみました。貴方の人生がより良いものになりますよう、心よりお祈り申し上げます。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top