深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

どうしても許せない人へ 自分を救う「許せない」の手放し方

「何度も傷つけられた」
「ずっと愛してもらえなかった」

自分の中にどうしても許せない人がいる。

たくさん苦しい思いをしてきた。
何度も嫌な思いをして傷ついてきた。

だからこそ許してあげよう。
自分自身を救うために「許せない」を手放してみましょう。

どうしても許せない人

奪われた記憶、攻撃された苦い思い出。
自分を守るために、苦しめた相手を「許せない」と感じてしまう。

もらえなかった寂しさや悲しさ。
自分が欲しいものを持っている、羨ましいと思う相手。

そうした怨みや嫉妬が許せない人をつくり出す。

その思いが強ければ強いほど自分自身を苦しめます。
許せない相手への執着が、あなたを縛り不自由にする。

過去の記憶に支配されながらでは、幸せになることもできなくなってしまいます。

自分から手放してしまえばいい。
いつまでも過去に縛られて生きるのはやめにしましょう。

「許せない」のではなく「許さない」だけ

「許せない」のではなく「許さない」だけ。

「許してしまえば自分だけが損をする」
「悔しいし、そんなの納得できない」

私たちは許すことが自分にとってマイナスだと勘違いをしてしまいます。
許してしまうと損をするという思いが自分自身を傷つけて、余計に損をさせている。

許すとは相手のためではありません。

「許せない」と誰かを憎み続けるのはとてもエネルギーを使います。
あなたの中の「許せない」があなた自身を苦しめる。

もう十分苦しんできました。

自分を救うために許しましょう。
許せないという執着から自分の心を自由にするために許しはあるのです。

許せない気持ちを手放す

許しましょう、と言われて簡単には許せるものではないかもしれません。
それでも許せないままでは、どこまでも心は縛られたまま。

復習や仕返し、許せない気持ちに囚われて「今」を生きることができなくなる。

誰もが未熟で不完全な存在です。
間違うことも過ちを犯すこともある。

だからといって、なかったことにするのではありません。
許せない相手の言動を認めることができなくてもいい。

ただ許してもいいと理解すること。
自分自身のために、許せない人を許すことができるのだと考えてみましょう。

そして「許せない自分」も一緒に許してあげましょう。

あなたを苦しめる余計なものは手放してしまえばいい。
これまでに何があったとしても、私たちは幸せに生きていくことができるのですから。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメント & トラックバック

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 疲れ果てた人

    許そうと思い、余り思い出さなくなった頃、
    また相手からのちょっとしたことで、
    私の許せないが膨らんでしまう。
    身内だと、なかなか手放せない。
    許し切れてなかったのかと落ち込まなくても、
    許そう、許せないの度合いがだんだん大きくなって(振り子の振り幅が大きくなって)きつしまいました。

  2. 隣に住んでいる若夫婦にはもうすぐ生まれてくる命があり、夫婦仲もよい。

    自分はといえば、子どもは小学生と2歳。
    夫婦仲は、冷めている。

    隣の住人を見ると許せない気持ちでいっぱいになります。

    それを許せない自分も情けなくて最悪です。

    • ゆうこりんさん

      コメントありがとうございます。
      自分がつらいとき、幸せそうに見える人が妬ましく感じてしまうことがありますよね。
      そんなふうに考えてしまう自分も嫌になる。
      だけど、そんな自分も受け入れてあげてください。
      まずは自分自身を許してあげましょう。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く