深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

人生に道標がないからこそ生き方に迷う 不安が「違い」を否定する

人生の道標を求めて

「あなたの生き方は間違っている」と言われたら、どう思いますか?

自分を全てを否定されたように感じるのではないでしょうか。

多くの人が、自分の生き方に不安を抱えています。
これで良かったのか、自分の人生はこのままでいいのかと。

生き方の正解を教えてくれる人はいません。
誰も知らないからこそ、人生の道標がないからこそ、これでいいのかと不安になります。

今までの生き方が、間違っているなどとは信じたくないのです。
人は自分のしてきたこと、今していることが正しいことだと思いたいのです。

信じたくないから正当化する。
認めたくないから、自分の信じたものと違うものを否定しようとします。

否定しないと、自分自身を否定することになるからです。

「違い」を否定しない

自分自身を肯定するために、相手の価値観を否定します。

相手の考え方を、生き方を攻撃します。
自分の方が正しいのだと認めさせようとします。

どんな生き方であっても、間違いではないのです。

皆それぞれ、能力も環境も違います。
人と比べても意味がありません。

人と同じであろうとするから否定し、苦しむことになるのです。
違う価値観を拒絶するのではなく、多様な考え方のひとつだと受け入れましょう。

だから、自分と違う生き方も否定しなくていいのです。
自分の生き方を肯定するために、他人を否定しなくてもいいのです。

どんな生き方も等しく、上も下もありません。
どの生き方が正しくて、どの生き方が間違っているかなどはないのです。

もっと自信を持ってもいいのです。
自分の生き方に自信を持ちましょう。

あなたが生きた人生は、あなただから歩めた人生なのです。
あなただけの人生なのです。
 

コメント0件

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top