深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

変わりたい、でも変われない 変えるのは自分の心の持ち方

2014年3月28日

「変わりたい」という思いを抱いている人は多いでしょう。
今の自分が好きになれなくて、自分に自信が持てない。

こんな自分を変えたい。
自分自身を肯定して生きたい、と。

人は変われます。

ただし別の人間にはなれないし、なろうとしなくてもいい。
今の自分を否定して、違う存在になろうとしなくてもいいのです。

人それぞれ違っていて当たり前。
無理に変わらなくてもいいのです。

それでも生きづらくて、変わらなければ苦しいと感じるのであれば変えていくことは必要でしょう。
変えるといっても、ないものを求めたり、違うものになることではありません。

「自分を変える」とは心の持ち方を変えるということ。
今あるものに自信を持つ、自分の嫌いなところを肯定的に捉えることができるようになることです。

ありのままを認めて受け入れられるようになることです。

変わるのはあなた自身

「変わりたい」と思うとき、誰かや何かが変えてくれることを期待してしまいます。

他人を変えようとしても変えられません。
誰かを変えることななどできないのです。

他人を変えようとするのは傲慢です。
他人に変えてもらおうとするのは怠慢です。

変えてもらうのではなく変わる。
自分自身の気づきによって自らが変わるのです。

外からの刺激はひとつの要因でしかありません。
きっかけにはなっても、最終的に変わるのは自分です。

他人の言動を見て、変わるのはあなた自身なのです。
変化は自ら動くことで起こるのです。

変われないのは、変わらないから

変りたいと考えているだけでは変われません。
行動のない思いだけでは、形になることなく消えてしまいます。

今の環境を嘆いていても変わりません。
誰かや何かに変えてもらうことはできません。

受け身でいるだけでは変わらないのです。

変われないのは、変わらないから。
どこかで変わることを拒んでいるからです。

タイミングを待っていては、いつまでもそのままです。
自分自身への言い訳をやめましょう。

考えるよりも、飛び込んでしまえば動き出すのです。

「変わりたい」と望むなら、人は変われます。
誰もが自分自身を認めて、自信を持って生きていくことができるのです。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く