深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

生きる意味に振り回されない 気楽に考える人生論

2014年1月29日

あなたは今、幸せですか?
そう訊かれて本心から自信を持って、幸せだと答えられる人がどれくらいいるでしょうか。

今の生活にこれといって不満はくても、満足しているかと問われれば、そうとも言い切れない。

このままでいいのだろうか?
何か別の道があるんじゃないか?

将来に漠然とした不安はあるし、なにより日々の営みに物足りなさを感じてしまう。
不安が迷いを生み、人は何のために生きるのかという疑問を抱きます。

スポンサードリンク

生きる意味を難しくしない

人生に悩んだとき、人は生きる意味がわからなくなります。

本来、全ての物事に意味などはなく、人が生まれて生きていくことにも、意味などないのだと思います。
それでも私たちは、生きることに意味をみつけようとします。

自分は何のために生きているんだろう。
何を目的に人生を歩んでいけばいいのだろう、と。

生きがいや生きる意味というと、大きく捉えてしまいがちです。

元々、意味のないものに自分なりの意味を見出すだけなのです。
あまり大袈裟に考えなくてもいいのではないでしょうか。

何か結果をだしたり、形の残るものだけが人生の目的ではありません。
夢や大きな目標を追いかけたりするだけが生きる意味ではないのです。

どう生きるのかは人それぞれです。
形や固定観念に縛られず、自分の基準で考えましょう。

探さなくてもみえてくる

早く自分の生きる意味をみつけないと、と焦ったところでみつかるものでもないでしょう。
みつけなければいけないという思いは、それがまた、執着を生み出します。

執着は見えるはずのものまでを見えなくしてしまいます。
自分にはこれしかない、これさえあればと固執しないことです。

無理に探さなくても、生きていれば自分なりの答えがみつかることもあります。
闇雲にに答えを追い求めるだけが唯一の方法ではありません。

一度やり始めたからと言って、それを続けなければいけないわけではありません。

はじめからないものです。
身構えずに、もっと気楽に考えてみればいいのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く