深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

シンプルな世界をシンプルに生きる 詰め込むから複雑になる

2014年5月7日
スポンサードリンク

人生はシンプル、複雑にするのは自分

物事を複雑にするのは自分自身。
人生はシンプルです。

多くを抱えようとするから持ちきれなくなる。
多ければ多いほど身動きがとれなくなる。

詰め込むから繁雑にみえるのです
余計なものを削ぎ落とせば、本当に必要なものがみえてくる。

物事に意味などなく、それをどう捉え、何を見出すのかはあなた自身。
元々、意味などないものに無理に理由を求めるからややこしくなるのです。

複雑に考える自分がいるだけ。
ひとつひとつの問題を合わせて、自ら複雑にしているだけなのです。

「こうするべき」「こう在るべき」という考えに囚われなくてもいい。

生き方に決まりはありません。
自分の思うように好きに生きていい。

世の中はシンプル。
複雑にするのはいつだって自分です。

余計なものを手放す

人は自分が正しいと思いたい。
自分を正当化しようとするから理由をつくらなければならなくなる。

どんどん自ら余計なものを足していくことになるのです。

「世の中は複雑に出来ている」「人生とは難解である」その思い込みが、人生を煩わしいものに変える。

複雑にみえる色眼鏡を通して世の中をみているだけ。
世界はどこまでもシンプルです

複雑なのではなく複雑にしているだけ。
難しいのではなく難しくしているだけ。

先入観、思い込みを捨てることです。
こだわりは執着となり、心を縛ります。

不要に抱え込んだ重荷を手放してしまいましょう。
ありのままを受け入れる勇気を持ちましょう。

今からでもシンプルな世界を、シンプルなままに生きていける。

豊かに生きるために、多くのものは必要ありません。
本当に大切な、いくつかのものだけでいい。

シンプルな世界を生きるのも、複雑な世界を生きるのも、あなたの心ひとつなのです。
 

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く