深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

何をやってもうまくいかないときはシンプルに考る 足すことをやめる

「何をやってもうまくいかない」
「こんなはずじゃなかった」

ときには人生うまくいかないこともある。
考えても悪いことばかりが頭に浮かんできてしまう。

なんとかしようと足掻くほど余計にうまくいかない。
藻掻けば藻掻くほど悪循環に陥ってしまう。

そういうときは生き方を見直すサインです。
自分自身と向き合うタイミングだと捉えてみましょう。
スポンサードリンク


何をやってもうまくいかないときは

何をやってもうまくいかないとき、私たちは今までと別のところに答えを求めてしまいます。

新しいことや今までと違うこと。
ここにないものや遠くにあるもの。

「どこか」や「何か」に解決の糸口を見つけようと躍起になる。
うまくいかないのは、自分に足りていないものに原因があると考えてしまいがち。

だけどそれでは余計に悪くなるばかり。
自分にとって必要のないものをどれだけ増やしても意味はないのです。

不要なものが多すぎるから何が大切なのかわからなくなる。
増やしすぎて煩雑だから肝心なものに気づけなくなる。

必要なのは増やすことではなく手放すことです。

要らないものは捨ててみる。
余計なものを削ぎ落した先に見えるものがあります。

シンプルにしてみる

「多いほうが安心」
「いつかどこかで使うことがあるかもしれない」

そうやって要らないものが増えていく。
だんだん本質的な部分から離れていく。

だからこそ一度、原点に立ち帰る。
忘れていたり見失っていたものに気づくことがある。

大切なのはシンプルに考えてみることです。
自分自身の中に余白を持たせておくことです。

詰め込んでいると本当に必要なもの入ってこれなくなります。

何をやってもうまくいかないのはゆとりがなくなっているサインです。
不要なものを断捨離をするチャンスです。

ライフスタイルを見直すいい機会だと捉えてみましょう。

外ではなく内、遠くではなく近く

何をやってもうまくいかないと嘆いていても何も変わりません。

今だからこそできることがある。
このタイミングだから得られるものが何かを考えてみる。

外ではなく内に目を向けてみましょう。
どこか遠くではなく、すぐそばにあるものを意識してみましょう。

目的もわからずに、必要のないものを追いかけていたのかもしれない。
知らないうちに、間違った思い込みで走り続けていたのかもしれない。

自分の心に問いかけてみましょう。
自分自身と向き合ってみましょう。

今は苦しいかもしれません。
だけどこの経験は、きっとあなたの役に立つ。

あなたにとって必要な時期だったと、笑える日が来ますから。

コメント & トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. まさに今の自分の事です。
    どうにかしなきゃって焦ってばかり。
    少し、心と向き合ってみます。
    ありがとございます。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top