深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

できなくても大丈夫、焦らなくても大丈夫 心に留めるだけでいい

2013年12月10日
スポンサードリンク

意識すること、心に留めておくこと

できる、できないに関わらず普段から意識することはとても大切です。

同じ情報を得たとしても、そこから何かを気づける人と気づかない人がいます。
その違いは普段から心に留めているかどうかにあります。

ひらめきも常に意識の片隅にあるからこそ、外からの情報と化学反応をおこして新たな「気づき」へと繋がります。

人の行動や思考のクセを変えることも、簡単ではありません。

こう在りたい、こうなりたいと思ってもすぐに変われるわけではありません。
今まで培ってきた「自分」をいきなり変えることは容易なことではありません。

だからといって、どうせ変われないと悲観する必要はないのです。
すぐには変われなくても「理想」を心に留めておくことが大切なのです。

変わることを諦めない限り、人は変わることができるのです。

大切なのは「心がけ」と「心持ち」

最後までできないからと諦める必要はありません。

完璧を目指さなくてもいいのです。
作りかけのパズルでもいいのです。

必要なのはその存在を頭の片隅に置いておくことです。
何がきっかけとなって残りのピースがはまるかはわかりませんから。

完璧を求めていては、そこに「ある」ものに気づくことができません。

あまり力を入れすぎずリラックスしてみましょう。
深呼吸して肩の力を抜いてみましょう。

そういうふとした瞬間にこそ発見や気づきはあるものです。

継続した思いは形になります。
思考は行動となり、変化に繋がるのです。

大切なのは普段の「心がけ」と「心持ち」にあります。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く