深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

将来の夢がない人へ 夢なんてなくていい、思うように生きていい

2013年12月11日

「将来の夢がない」
「やりたいことが見つからない」

自分だけ取り残されているように感じてしまう。

「何か探さなくちゃ」
「早く見つけないと」

そうやって焦りを感じて自分自身を追い詰めてしまう。

大丈夫、夢なんてなくていい。
もっと自由に思うままに生きていい。

スポンサードリンク

将来の夢がないと悩んでいる人へ

やりたいことが見つからないというお話をよく耳にします。
目標がない、将来の夢がないというお悩みです。

目標を定め、そこへ向けて努力を重ねることは素晴らしいことです。
でも、だからといって目標を持たなければいけないわけではありません。

焦らなくても大丈夫です。
夢や目標というものは無理やり見つけるようなものではありません。

自分には将来の夢がないと、焦ったり卑屈になる必要なんて全然ない。
夢を持たなければいけないなんてことはないのです。

もっと柔軟でいい

何かを達成すること、どこかへ到達することが人生の目標ではありません。
「ここではないどこか」にいかなければ幸せが得られないわけではありません。

ひとつの目標を定めたからといって、それをやり続けなければいけないわけでもない。

あまり「こうあるべき」だと固く考える必要はないのです。
難しく考えず、もっと柔軟に考ればいいのです。

生き方はひとつじゃない。
幸せになる方法もひとつじゃない。

将来の夢がないと、焦る必要も卑屈になる必要もありません。
だからといって夢を否定しなくてもいい。

夢に決まりはない

そもそも「夢」や「目標」というと、仕事やスポーツ、将来に繋がるようなものだと考えてしまいがちです。
人と比べるものでもなければ「こういうもの」だという決まりもありません。

誰にでも好きなものや気になるもののひとつやふたつはあるはずです。
きっかけなんてものも何だっていいのです。

強要されるようなものではなく、自分がやりたいと思えたならやればいいのです。

別に夢なんてなくてもいい。
目標を決めずに気の向くままに進んだっていい。

目標ができたのならできたでいい、という程度のものなのです。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く