深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

「人生で大切なもの」足りている充足感は手放してこそ得られる

2013年12月9日

いつも自分に足りないもの探している。
自分に欠けているものに目を向けている。

だから足していくこと、埋めることで幸せが手に入ると錯覚してしまいます。
「人生で大切なもの」は増やすことでは得られない。

心からの充足感は手放すことで手に入るものなのです。

スポンサードリンク

足りないものなんてない

私たちは心のどこかで、望むものが手に入れば今より幸せになれると考えています。
理想通りのものが得られれば豊かな人生を送ることができるという思考に陥っています。

何かを得ることで幸せが手に入るのではありません。
何かを足していくことで豊かさが得られるものではありません。

足していくという考えには、足りていないものがあるという前提があります。

自分には足りていないものがある不完全な存在だ、と。
だから足りないものを足して完璧になろうという思いがあるように感じます。

どれだけ足しても自分の中の足りないものはなくなりません。
世の中に完璧なものなどないのです。

何かを得たという満足感は一時的な高揚感で終わってしまいます。
常に足りないものを探し続けるようになってしまいます。

足りないものを求めて続けていては、いつまでも満た足されぬ思いを抱え続けます。

本来、私たちに足りないものなどないのです。
足りないと感じ、不要なものを足していただけにすぎません。

心からの「足りている」という充足感は、手放してこそ得られる感覚なのではないでしょうか。

必要なものを見極める 不要なものを捨てる勇気

この世に永遠なものはなく、人生もまた、永遠ではありません。
限りある時間の中で何を選び、何を捨てるのかということです。

自分の人生を生きるうえでの取捨選択が必要になってきます。
無駄なものを足さない、増やさない、自分にとって不要なものを省く作業です。

精神的にも物質的にも増えれば増えた分、重くなるということです。
余計なものまで背負っていると身動きがとれなくなってしまいます。

自分にとって重要なものは何か?
自分の人生で何を優先させるのか?

あなたにとって「人生で大切なもの」は何ですか?

常に自問自答してみましょう。
そうすれば自ずと、要るものと要らないものが見えてくるはずです。

必要ないものは手放しましょう。
本当に大切なものはそう多くないはずです。

もっとシンプルに生きてみましょう。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く