深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

終わりは始まり 「ゼロスタート」ではなく「リスタート」

2015年6月20日

どんなものにも終わりはあります。
そして、終わりがあるから始まりがあります。

形を変えて続いていく。
つながりを持ちながら進んでいく。

その一つひとつが、かけがえのない大切なもの。
終わりがあるからこそ、私たちの人生も輝きを放つのです。

スポンサードリンク

終わりは始まり

すべてのものは終りがあります。
永遠に続くものはありません。

ひとつのものが終われば、違う何かが始まります。
それが終われば、また別の何がが始まるだけ。

終わりは終焉ではなく、新たな始まりの幕開けです。

ただ舞台を入れ替えるための節目でしかない。
出口は入り口であり、ゴールはスタートでもあるのです。

終わりがなければ始まりもない。
流れのない水はすぐに淀んでしまいます。

私たちの人生も同じです。

舞台を変え、ステージを昇り進んでいく。
終わりと始まりを繰り返して成長していくのです。

ムダな経験なんてない

終わりがあっても、それまで得たものがムダになることはありません。
今までと全く違うものに感じても、活かせる部分は必ずある。

「ゼロスタート」ではなく「リスタート」
これまでの積み重ねがムダになることはないのです。

どうせ終わるのだと、失望する必要なんてありません。
悲観的に考えずに飛び出せばいい。

今しかできないことがある。
今だからこそできることがあります。

その経験はきっとあなたのの役に立つ。
誰かに影響を与え、波紋のように広がっていくのです。

今を楽しもう

時は巡り、移ろいゆく。
形あるものはその姿を変え、いずれ消えてしまいます。

変わっていくことで何かを失っていく。
変わっていくことで何かを手に入れていく。

ずっと変わらないものはありません。
どんなに望んでもいつまでも同じではいられない。

時間は止まることなく常に進み続けます。
失ったものを戻すことはできないのです。

終わりを嘆いていても仕方がない。
残りの時間を数えていても、その分だけ時間が過ぎていく。

だからこそ、限りあるからこそ、かけがえがないのです。
その時々で見える景色を楽しみましょう。

どんな一日も、今日という日は素晴らしいのです。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く