深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

人は一人では生きられない「孤独」と「孤立」の違い

2013年10月21日
スポンサードリンク

孤独と孤立

人というのはある程度までの「孤独」には耐えられても、大勢の中で「孤立」することには耐えられません。
だからあえて自ら「孤独」を選択することがあります。

文明が発達していろんなものが便利になって、一人でも生きていけると錯覚してしまいます。
でも、人は弱い生き物。ひとりで生きていくことはできません。

他者と繋がりを実感していないと、どこかで歪みが生じてきます。

生物としての人

人間は大昔から群れを作り集団で生きてきました。
個々では弱い生き物でも、集団の力で生き抜いてきました。
その中でコミュニケーション能力を発達させたのです。

長い進化の過程で得られたものは、そう簡単には変えられません。
人は人、違う生き物としては生きられないのです。

情けは人の為ならず

誰かの為の行動も自分自身の為にしているのです。
それは見返りを求めて行うという意味ではありません。

自分自身の意思で助けたい、親切にしたいと思う心こそが結果的に己に返ってくるのです。

無理に繋がりを求める必要はありません。
ほんの少し心のドアを開けるだけでいいのです。

見ないようにしていたものを認識してみるだけでいいのです。

意識を変えるだけで少し世の中が違ってみえるはずです。

 

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く