深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

心の深い部分で理解するということと、わかったつもりになること

2013年12月18日
スポンサードリンク

分かってはいるけどは分かっていない

わかってはいるけど、という言葉をよく耳にします。
した方が良いのはわかっているけど、やめるべきなのはわかっているけど、と。

でも、この言葉は知識として知っている、情報としては知っているというだけなのです。
本当のところで理解はできていません。

本心から理解できたときはストンの心の奥にはまる感じ、腑に落ちる感覚が得られるはずです。
わかったつもりになって、利口なふりをしていては大切な気付きを見逃してしまいます。

頭ではわかっているのに理解できないのは、理解したくないという思いがあるのではないでしょうか。
どこかに認めたくないと、心に引っかかる「何か」があるはずです。

その「何か」を自問し続けることが「理解」するためには必要なのです。

わかったふり

人は自分の心すらも完全に理解することはできません。
ましてや他人の心となれば尚更です。

共感はできても、相手の全てを理解することはできないのです。

似たような考え方、近い価値観を持つ人はいても全く同じ人はいません。
みんなそれぞれ異なる存在なのです。

違うところがあって当然ですし、それでいいのです。

できるのはありのままでいること、ありのままを受け入れることです。
偽らず否定せず、寄り添うことだけです。

それが共に生きるということではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く