深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

必要以上を持たない暮らし 大切なものと欲しいものは違う

2015年4月24日

あれも欲しい、これも欲しい。
満足できずにいつも必要以上を求めてしまう。

あれさえあれば、これさえ手に入れば。
今の自分に自信がないから、足りない「何か」を求めてしまう。

満たされないのは足りないからじゃない。
上辺でごまかしても、心から自分を受け入れることなんてできはしない。

手放すことで得られる豊かさがあります。
ものが溢れた時代だからこそ、必要以上を持たない暮らしを心がけてみましょう。

スポンサードリンク

必要以上を持たない暮らし

「みんなが持っているから」
「人に自慢できるから」

そうやって自分に必要のないものまで得ようとする人がいます。

自分の弱さを隠すために余計なものを増やしていく。
価値ある自分でありたいから足りないものを埋めていく。

どれだけ着飾っても心は満たされないまま。

増やせば増やすほど息苦しくなる。
持てば持つほど窮屈になる。

もう余計なものを足さなくていい。

私たちが幸せに生きるために高価なものは必要ありません。
豊かに暮らしていくために沢山のものも必要ありません。

他人がどうかではなく、自分にとっての必要を知ることが大切なのです。

吾唯足るを知る

新しいものを手に入れることで得られるのは一時の満足感だけ。
どれだけ所有しても満たされることはありません。

その刺激に慣れてしまうとだんだん心が鈍感になっていく。
満足することができずに、常に次の何かを欲するようになってしまいます。

いつまでも足りない何かを求め続けることになってしまうのです。

今ある幸せを手放してまで手にしなければいけないものなんてありません。
そばにある大切なものを犠牲にしてからでは遅いのです。

足りないものばかりを数えているから、今あるものが見えなくなる。
余計なものが多いから大切なものがわからなくなる。

幸せは「どこか」に隠れているものではありません。
「何か」や「誰か」が与えてくれるものでもないのです。

心が満たされないのは何かが足りないからじゃない。

私たちに必要なのは足る心を知ること。
今ある幸せに気がつくことなのです。

本当に大切なものは目に見えない。

自分にとって何が必要なのかを整理してみましょう。
自分にとって本当に大切なのは何かを自問してみましょう。

あなた自身の心と向き合ってみるのです。

求めているものが必要なものとは限りません。
欲しいものと大切なものは違うはずです。

なくてはならないものなんて、ほとんどない。
本当に必要な少しのものさえあればいい。

もっとシンプルに自由に生きていきましょう。

満ち足りた人生に多くのものはなくていい。
必要以上を持たない暮らしが豊かさにつながるのです。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く