深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

「ミニマリスト(最小限主義者)」人生をスッキリさせるシンプルな生き方

2013年11月4日
スポンサードリンク

ミニマリストとは

「ミニマリスト(最小限主義者)」という生き方があります。

いらない物は捨て、無駄なことをやめる。

あらゆるモノをスッキリとシンプルにすることで幸せになれる生き方です。

コンパクトに生きる

何も持たないのではなく必要な物だけを持つ。
言い換えれば必要最低限のものしか持たない。

最小のもので最大を得るという考え方です。

もったいないからと必要もないのにいつまでも持っているものはありませんか?
セール品や限定品だからと必要もないのに、つい買ってしまったりしていませんか?

もっと欲しい、もっと持ちたいという、足していくことで得られる幸せや豊かさではなく、引いていくこと、無くすことで得られる幸せや豊かさ。

それを実践するのが「ミニマリスト(最小限主義者)」という生き方です。

減らすことで自由になる

物を増やすことが豊かになるという思い込みを捨てることです。
それは物質的なことだけでなく、心の中も同じことです。

持ち物を最小限に減らし、モノに依存しないことで「何を持っているか」で他人を判断しなくなります。
「持ち物」ではなく「中身」に目を向けることができます。

不要な虚栄心や妬みもなくなります。
代わりに得られるのは、モノに縛られない自由です。

モノがあふれて息苦しさを感じている方は「ミニマリスト(最小限主義者)」という生き方を実践してみてはいかがですか?

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く