深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

幸せな人は自分にとって何が本当に大切かを知る 偽らず、欺かず

2014年1月16日

なぜ求めるのか

人は何のためにお金を求めるのでしょうか?

生きていくため?
幸せに暮らすため?

私たちは幸せに生きていくためにお金を求めていたはずです。
いつのまにか幸せを犠牲にしてお金を求めるようになってはいないでしょうか。

お金をどれだけ持っているかで幸福度は測れません。
他の人より多くの物を持っているかどうかで人の価値は決まりません。

人生の目的は、比べたり競い合ったりするものではないのです。
何かで1番になることでもないのです。

お金を手に入れて何を求めますか?
沢山の物を抱えて何がしたいですか?

それはお金がなければできないことですか?

幸せは気づくもの

幸福な人は幸せになろうと努力します。
不幸な人は幸せに見せる努力をします。

その違いは、幸せを見出す先が自分か他人か、です。

周囲の人たちから幸せだと、充実した毎日を過ごしていると思われたい。
上辺だけ、見せ掛けだけの幸せに浸っていても心から幸せにはなれないでしょう。

世間体や人からどう思われるかばかり気にしていても仕方ありません。
他人と比較したり、自分を偽っていては今ある幸せに気づくことができません。

自分に足りないものを数えるよりも、恵まれていることを数えましょう
幸せに気づくには、ただ心を澄ませばいいのです。

幸福な人とは偽らずにありのままを受け入れられる人、自分に本当に必要なものがわかっている人ではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く