深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

幸せって何だろう?豊かで満ち足りた人生を送る心の在り方

幸せって何でしょう?
どうすれば私たちは幸せになれるのでしょうか?

便利になれば幸せになれる?
欲しいものが手に入れば幸せになれる?

「幸せ」というのは、言葉としては誰もが知っています。
だけど何が幸せなのか、どうすれば幸せになれるのかもわからない。

だからこそ、私たちは幸せを求めてさまよっているのでしょう。

何かを得れば幸せになれるのか?

お金があれば今よりも幸せになれる。
理想の仕事に就ければ幸せが待っている。

私たちはつい「何か」や、ここではない「どこか」に幸せを求めてしまいます。

何かを手に入れた、何かを成し遂げた。
自分に足りない何かを手に入れることで、幸せにつながるとどこかで思っている。

夢や目標をかなえれば、ずっと幸せが続くと考えてしまいがちです。

何かを手に入れても、得られるのは一時の幸福感だけ。
その状態に慣れてくると、また次の何かを求めるようになってしまいます。

幸せは何かと引き換えに手に入るものではありません。
足りないものを埋めていくことが幸せに至る道ではないのです。

今に満足できない人は何を手に入れても、何を成し遂げても満足することはありません。
求め続ける生き方は、常に満たされない思いを抱えながら生きることになるのです。

失えば不幸になってしまうのか?

財産を失ってしまった。
会社をリストラされた。

私たちは失うこと、手放すことで人は不幸になると考えてしまいます。

もう全部台無し、すべて終わった。
一時の喪失感に何もかも失ったように錯覚してしまいます。

だけど、それらはただの思い込みでしかありません。
これが全てだという思い込みに囚われているだけなのです。

何かを失うことで今までできていたことができなくなることもあるでしょう。
その分、不便なことは増えるかもしれません。

ただ「不便」であることと「不幸」は違います。

不便であることを、他人と比べて惨めに感じるから不幸になる。
自分がみじめだと思うからもじめになるのです。

失った痛みや悲しみも、いつまでも続くわけではありません。
私たちにはどんな苦難からでも立ち直る力があります。

痛みは成長を促し、以前よりも強くなれる。
失くしたからこそ得られるものもあるのです。

幸せとは心の在り方

私たちが幸せに暮らすために、何を得るか、何を持つかは関係ありません。
幸せとは心の在り方のこと。

周囲の声に振り回されなくていい。
他人の意見がどうであろうと問題ではないのです。

どんな環境であっても自分自身が幸せだと思えば、それが幸せなのです。
自分にないもの、変えられないものに囚われていては今ある幸せに気づくことができない。

こうなれば幸せだという正解や答えはありません。
こうでなければ幸せになれない、という決まりはありません。

何かを得たから、どこかのタイミングで幸せになるのではないのです。
幸せに気付いた瞬間から幸せははじまります。

人と比べないこと。
今あるものに感謝すること。

自分が本当に大切だと思うものに時間を割くことです。

幸せを決めるのは自分自身の心です。
幸せはどこかにあるものではなく、すでにあるものだと気づくものなのです。

コメント & トラックバック

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 大好きでいつも見ています。
    このブログと出会ってからいい方向に変わってきたように思います。本当にありがとうございます。

    • ナノハナさん

      コメントありがとうございます。
      変わることができたのも、いい方向に進みだしたのもはご自身の力です。

      私たちは自分から変わることを選択すれば、いつからでも変わることができます。
      そのためにほんの少しの「受け入れる勇気」を持つことです。

      • ありがとございます。
        「受け入れる勇気」本当にそうだと感じます。
        これからも素敵な文章を書いてください。応援しています。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top