深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

幸せになるには今の自分を肯定する すでにあるものに目を向ける

2014年4月11日
スポンサードリンク

幸せになるには

幸せってなんだろう?
幸せになるにはどうすればいいんだろう?

誰でも一度ぐらいは考えたことがあるのではないでしょうか。

「不幸な人生から抜け出したい」
「今よりも幸せを感じたい」

誰もが幸せになりたいと願います。

幸せになるには何かを得る必要はありません。
足りないものを埋めることが幸せではありません。

ここではないどこかに幸福を求めても見つかりはしない。

些細な不満や足りないもの探し出せば切りがないのです。
完璧なものなどないのですから。

幸せになるには、まずありのままの自分を受け入れましょう。
自分の持っていないものではなく、持っているものに価値を見出すのです。

幸せを決めるのは心のあり方

足る心を知る。
今あるもので満足できる心を持つ。

それは妥協することでも我慢することでもありません。

多くを持てば、それだけ多くの執着を生みだします。
自分にとっての必要を知り、余分なものに煩わされないということ。

望み続ける生き方は苦しいものです。

幸せを願いの結果ではなく、心のあり方です。

当たり前に感じていることを、在って当然のものだと思わない。
幸せは、見えていなかった「当たり前」という「特別」に気づくことです。

幸せになるには考え方を変える

幸せは他人とは比較するものでもありません。
誰かと比べて幸せか不幸せかというものではないのです。

他人との比較の先に幸せはない。
ありのままの自分を肯定しましょう。

他人からどう思われるかは関係ありません。
幸せを決めるのは他人ではなく自分自信です。

幸せは一時の快楽や束の間の名声ではありません。
選ばれた人だけがなれるような特別なことではないのです。

幸せになるには今この瞬間を精一杯楽しむこと。

幸せは非日常ではない。
ありふれたいつもの日常の中にこそ幸せはあるのです。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く