深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

「自分の人生を生きる」人と違っていい、自由に生きていい

2014年8月27日
スポンサードリンク

自分の人生を生きる

他人と違うことをするのが怖い。
みんなと同じでないと不安。

人並み、平均。
周りに恥ずかしくない水準を維持したい。

人が持っているから自分も持つ。
みんなが進む方向だから、自分も進む。

同じでなければ安心できない。
自分の中に基準となるものがないから、周りに振り回されて不安になるのです。

はみ出さないように。
置いて行かれないように。

多くのものに縛られて、自らの心を制限してしまう。

不要なものは捨ててしまいましょう。
心を縛りつける執着を手放してみましょう。

思うままに自分の人生を生きていいのです。

決まりはない、自由に生きていい

スタートはみんな同じ。
だけど、人はそれぞれ違います。

全員が一斉に同じ方向に向かわなくてもいい。
思い思いバラバラに進んでいいのです。

自分なりのペースで、自分だけのルートで。
無理をして周りに合わ必要はありません。

同じになろうとしなくていい。
はみ出したっていい。

他人の目、世間のものさし。
誰かが決めた価値に囚われなくてもいい。

決まりはない。
正解も不正解もない。

間違えることを怖がらなくていい。
自由に自分の望むように生きていいのです。

自分の生きかを決められるのは自分だけ

他人からどう思われるか。
他の人ならどうするか。

「普通」や「常識」に縛られなくていい。
人と違ってもいい。

大切なのは自分自身がどう思い、何をしたいのか。
自分の人生を、他人や誰かの常識に委ねるのではないのです。

私たちは誰かの期待を満たすために生きるのではありません。
他人の人生を生きるのではないのです。

自分の人生は自分で決める。
自分の人生に責任を持つ。

誰のためでもなく、自分自身のために生きるのです。

自分の生きかを決められるのは自分だけ。
あなたの人生を生きられるのはあなただけなのです。
 

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く