深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

「もう疲れた」 生きるのに疲れたら頑張ることをやめてみる

2015年4月16日

いつも無理して頑張って心をすり減らしている。
人間関係に気を使って毎日ヘトヘトになって。

「もう疲れた、このまま消えてしまいたい」
「何もかもが嫌になった」

生きることに疲れたら頑張ることをやめてみる。
一度立ち止まって疲れた心を癒やしましょう。

抱えた重荷をおろして軽くなって心で、また歩き出せばいいのだから。

スポンサードリンク

疲れたら休めばいい

真面目で頑張り屋なあなただから、つい無理をして自分に厳しくしてしまいます。

ずっと我慢して自分ひとりで抱え込んでしまう。
限界まで耐えてどんどん心が疲労が溜まっていく。

「自分が弱いから」
そうやって自分のことを責めたりしなくていい。

「誰もわかってくれない」
「周りが悪い」と他人や環境をのせいにしなくていい。

心が疲れていると考えがネガティブな方向に引っ張られがちです。
つい自暴自棄になったり攻撃的になってしまいます。

そこから無理をしても余計に上手くいかなくなるだけです。

そんなに頑張らなくていい。
「もう疲れた」と思ったら休めばいい。

立ち止まるからこそ気がつけることもあります。
疲れた心には休息が必要なのです。

余計なものを捨てていく

疲れたら休む。

そして休んでいるうちに、今まで溜め込んできたものをスッキリさせてしまいましょう。
ずっと抱え続けてきたものを片付けてしまいましょう。

急いでもまた同じ結果になるだけ。
焦らずにじっくりと自分自身と向き合ってみる。

何度も繰り返していると段々と心がくたびれてしまいます。

自分の中の余計なものを捨てていく。
あなたの心を疲弊させる原因を解消しましょう。

「今の自分じゃダメ、もっと頑張らないと」
「嫌われたくない。みんなと仲良くしないと」

そうやって自分自身を追い詰めなくていい。
あなたを苦しめている、あなたの中の執着を手放していくのです。

捨てた分だけ心が軽くなります。
許した分だけ気持ちが楽になるのです。

「もう疲れた」と、ならないために

自分にも優しくしてあげよう。
自分自身のことを許してあげよう。

生きていればつらいこともあります。
だけどそれ以上に楽しいことや素晴らしいことに溢れています。

物事のプラスに目を向けてみましょう。
足りないものではなく今あるものを意識してみるのです。

余計なものを足すために頑張らなくてもいい。
そのままのあなたでいい。

今のあなたのままで幸せになることができるのだから。

もう疲れる生き方なんてやめてしまいましょう。
自分の心に正直にわがままに生きてみましょう。

たった一度の人生です。
後悔のない人生を生きましょう。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメント & トラックバック

  • Comments ( 19 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 確かにそうなんだろうけど、しがらみを断ち切るのも楽じゃなかったり …

    • 61年生きて来て、自分が壊れそうになった事が何回かあって、大きな代償払ったけど、絶ちきった。事件をおこしたり、精神病院入らずによかった。最近介護の仕事も限界で辞め、元だんなと3年前に復縁したけどモラハラに疲れ別れます。逃げる事でしか自分を救えない。自分を守るのは自分しかいないと思うから。別居復縁だったし、だんなにお金の援助してもらってないから、生活していけます。又働きます。

  2. 人間関係がうまくいかなくなって、人が怖いです。

  3. 出来れば本当に自分のしたいことをしたいです
    今まで、何かに追い立てられるように人生を無駄にしてきたけど、
    本当にしたいことは別にあったかなと
    今になって、走り続けることに疲れてきました。
    出来ればもっといい景色の中で走りたい

  4. つらくてつらくてしょうがない日々が続いてます
    主人のため息を聞くとどきどきして自分のせいだと思いまたつらいです、息子はまだ小さいですが、勘が良く感受性の強さからそういったまわりの環境に反応しやすいので心配させないようにとわたしが明るく元気でいないとだめだと思いまたそれがつらいのです
    たすけてください

    • 八風吹けども動ぜずマン

      「こうあるべき」という考えが自分を縛っていることは理解しつつも、息子さんのために良き母であろうとしているお姿から、あなたが心の温かい、優しい人であることが伝わります。今はお辛いでしょうけれど、世の中は生々流転。同じように見えることも日々日々、動いて流れています。ずっとは続きません。また今あるのはあなたのせいだけではありません。どうか自分を責めすぎず、心を温めてあげてください。どんなにつらいときでも心を温めて自分を敬う姿は、息子さんをも安心させるのではないでしょうか。どうぞ心と体を大事になさって。あなたは一人ではありません。

    • こんにちは^ ^
      無理して明るく元気でいなくても、時には泣いても良いと思いますよ。
      私は、子供の前で泣いた時もあります。
      子供は母親を守ってくれますよ。

  5. ツラいです
    前向きになりたい!

  6. 疲れた。
    やる気が起きない。

    • コメントありがとうございます。
      そんなときもありますよね。
      疲れたときはゆっくり休んで、元気になったらまた歩きだせばいいんです。

  7. ミズキのパルテノン

    疲れる世の中に仕組まれているような気がします。衣食住の為なのだけれど、貨幣価値が全てのような世の中になっている昨今です。それからもう4000年ぐらいになるでしょうか。
    逆に疲れなければ嘘ですよ。ね!
    そう思いませんか?
    自分で世の中を変えるか、変わっていく世の中を待つか、そのどちらかになってしまうような気がしますよね。
    でも僕は負けたくないです。
    よくはわからないんですけど、生きている間に、変わっていく世の中をどうしても見たいです。
    せっかくだから、見たいです。絶対!

  8. ガンバってみようと思えました。
    ありがとうございます。

  9. 楽になりました(*^^*)

  10. 自分の心に正直に生きようとしたら働くのも嫌で家からも出たくないんですけどそれでもいいんでしょうか。

    • 八風吹けども動ぜずマン

      良いでしょう。しかし生きていけません。私たちは、残念ながら生きるということだけで要求される作業があります。厳しいですね。でもそういう世の中です。

  11. 精神障害3級です。
    身内の裏切り、逆ギレに、親のエゴに疲れ人間を信用出来ない。
    生きる事が最大の苦痛。
    今、簡単に死ねたら後悔の無い人生

    ここに書く事で少しは楽になれたらとコメントしました。

  12. 人生はつまらん

    • コメントありがとうございます。
      人生をどう感じるかは私たちの心の在り方しだいです。
      どんな生き方を選ぶのかは自分自身です。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く