深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

気にしない、気負わない 「まあいいか」で人生が楽になる

2015年5月19日

私たちは些細なことを深刻に考え込んでしまいます
考えなければ楽なのに、いろんなことが気になってしまうもの。

気にしない、気負わない。

迷ったときは「まあいいか」
困ったときも「まあいいか」

悩みなんて放り投げてしまえばいい。
苦しみなんて捨ててしまえばいい。

力を抜いて生きてみましょう。
そうすれば今よりも生きるのが楽になるはずです。

スポンサードリンク

まあいいか

私たちはひとつの失敗を大きく考えしまいがちです。
小さなことをいつまでも引きずって落ち込んでしまいます

失敗なんて誰にだってあります。
生きていれば上手くいかないことも沢山あります。

思い通りにしようとするから許せなくなる。
「こう」じゃないと、と決めつけてしまっているから納得できない。

なったことは仕方がない。
どんな現実でも「まあいいか」と受け入れてみましょう。

過ぎたことは気にしない。
変えられないことに囚われない。

嫌な想いをわざわざ持ち続ける必要なんてありません。
しがみつかずに置いてくる。

後悔からは何も生まれません。
大切なのはこれから何をするかなのです。

我慢しなくていい

人は他者との関わりの中で生きています。
自分を守るため、人から批判されないように気を張ってきた。

必要以上に空気を読んで周りに気を使いすぎてしまう。
他人の目を気にして人からどう思われているかばかり考えてしまう。

「こんなこと言ったら嫌われるんじゃないか」
「自分だけおかしいと思われるんじゃないか」

自分を抑えて、言いたいことを我慢して耐えてきた。
そうやって窮屈で苦しい生き方を選ばなくていい。

私たちは他人の期待に応えるために生きているのではありません。
自分の生き方を決めるのは自分自身です。

少しぐらい違っていてもいい。
他人からどう思われたって気にしない。

あなたの人生は、あなたの望むように生きていいのだから。

気にしない、気負わない

失敗しないように張り詰めて。
損をしないように目を光らせて。

私たちはいろんなことを気にしすぎ。
いろんなところに気を使いすぎなのです。

もう少しいい加減でもいい。
もっとわがままに生きていい。

「こうしないとダメ」
「これがないといけない」

勝手に人生のハードルを上げて、自分から苦しむ必要なんてありません。
深刻に考えたからといって物事が上手くいくわけではないでしょう。

考えてもどうしようもないことは考えない。
気にしても仕方がないことは気にしない。

人生はそれほど複雑でも難しいものでもありません。
肩の力を抜いて生きることを楽しんでみましょう。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. どうしてもいつまでたってもまいっかとは思えなくて苦しいです
    朝から晩まで何度も何度も駄目出しとまいっかを繰り返していて
    起きていることがしんどいです
    身体中が重たくて何をしていても泣けてきて助けてくれると言っていた人にもストーカー扱いされて
    全てが辛いです
    心が壊れてしまいました
    とにかく楽しいことも思い浮かばず人にも会うのが怖いです
    最近は人に会うと必ず否定されて人間関係が築けなくなっています
    傷は癒えるどころか益々深くなり痛いです
    辛いです

    • yyさん

      コメントありがとうございます。
      苦しい思いをされているのですね。
      そんなときはなかなか「まあいいか」とは考えられないですよね。

      無理をしないことです。
      「早くよくならないと」
      そうやって自分を追い込まないでください。

      今は少し心を休める時期なのではないでしょうか。
      焦らなくても癒える日は必ずきます。
      止まない雨はないんですから。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く