深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

「こんな生活もういやだ」 人生を変える手放す生き方

こんな生活もういやだ

何でも抱え込んで苦しんでいる人がいます。
全部ひとりで引き受けて身動きがとれなくなってる。

誰にも助けを求めることができなくて、誰かに頼ることもできなくて。

己に厳しく、できない自分を責めてしまう。
余裕がないから周りに不満を抱いたり、攻撃的になってしまう。

そんな自分が嫌になり、また自分を責めてしまうのです。

「こんな生活もういやだ、何もかも全部投げ出したい」
「人生に疲れた、全てのことから解放されたい。」

そうやって心が折れてしまう前に。
自分を救えるのは自分だけ。

つらいのなら捨ててしまえばいい。
不要なものは手放してしまえばいいのです。

手放してしまえば楽になる

「もういやだ」と思ったら、それは生き方を見つめなおすサインです。

無理して頑張らなくていい。
我慢しなくていい。

苦しければ手放してしまえば楽になります。

捨てるといっても、家族や子どもを見放すことではありません。
今ある環境や人間関係をリセットすることではないのです。

捨てるのは自分の中の執着。

「家族の期待に応えなければいけない」
「上手くやらなければいけない」

いい親、いい子、いい夫、いい妻。
「こう在るべき」「こうでなければいけない」

あなたを生きづらくさせているのは、あなたの中の固定観念。
不自由な生き方を選んでいるのは自分自身なのです。

捨てるのは自分の中の執着

決めつける必要なんてありません。
「絶対」なんてものはない。

手放すのは自分の中の囚われている心。

プライドや見栄、人との比較で自分の価値をはかったりしなくていい。
常識や先入観、他人からどう思われるかは重要ではないのです。

余計なものを抱え込むほど、生きることが煩わしいものになる。
増えれば増えるほど生活が煩雑になっていきます。

もっとシンプルに生きればいい。

あなたを縛る足枷から解放される。
自分を苦しめるものから自由になるということです。

人生を変えるために必要なのは、足りない何かを埋めることではありません。
不要なものを手放すことで人生は豊かに変わっていくのです。

 

コメント & トラックバック

  • Comments ( 13 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 若い頃に読んだ本に書いてあったコトを、再読し、はっとした想いです。
    頭ではわかっているコトが、心ではわかろうとしない自分を改めて見つけました。
    今、ワタシは自分をがんじがらめにして、一つしかないと「思っている(思い込んでいる)」選択肢に納得できないまま、目をつぶって飛び込もうとしています。
    でも、本当にそれでいいのか、また、本当にそうしたいのか、が、自分自身で納得出来ていないままなので、とても苦しく、仕事も辞めてしまい、引きこもって苦しみと向かい合うだけの毎日です。
    このブログを拝読し、自分をリセットできる好機にしたいと思います。
    ありがとうございました。

  2. ありがとう

  3. 読んでて涙が止まらない…

    • Nonameさん

      コメントありがとうございます。
      何か感じることがあったのなら、それはきっと生き方を見直すサインなのかもしれませんね。

  4. 初めて読みました。いままで、ずっと頑張らなければ、こうでなければと言う思いが少し楽になりました。
    人間関係や生活、お金、仕事、人それぞれ色々ある中
    とらわれた考え方しかできない小さな世界で、ずっと悩んでいた様な気がします。

    • こーさん

      コメントありがとうございます。
      私たちは知らず知らずに自分自身を縛り窮屈な生き方を選んでしまっています。
      そのことに気づき外の世界を知るだけで、ずいぶん楽になる部分があるのではないでしょうか。

  5. 初めて読みました。自分の事を見られている様な気持ちになりました。私はこれで救われる!と読み返してしまいました。捨てるという意味はまだぼんやりとわかった気がします。みんな同じ悩みを抱えているのだとあらためて思いました。

    • 田中さん

      コメントありがとうございます。
      今、多くの人が余計なものを持ちすぎて苦しい思いを抱えています。
      必要のないものを手放すこと。
      そして手放すことを恐れないことです。

  6. 最近、しがらみを捨てようなどのワードが目にうつり、自分のしがらみとは?と考えるようになりました。
    正直に申しますと、最初に思い付いたのが仕事で、次は付き合っている人でした。
    でもこれらから離れるというのは何か違う気がしていて、何が自分のすべきことなのかわからなくなっていたところここを見て、捨てるべきは自分自身の余計なものなのだと納得しました。

    • りんごさん

      コメントありがとうございます。
      今の環境から飛び出しても自分が変わらなければ、また同じことを繰り返すだけになってしまいます。

      あなたを苦しめているのはあなた自身。
      手放すのは自分の中の執着です。
      捨ててしまえば、きっと今よりも楽に生きられます。

  7. 松籟さん
    いつも拝見しています。
    私は自尊心の塊です。人に弱みを見せることが出来ず心を開くことが出来ません。とても生きづらさを感じています。
    ですが、苦しめていたのは私自身だったようです。気付かせて頂きありがとうございました。
    これからも更新楽しみにしています。

    • 佐和さん

      コメントありがとうございます。
      私たちはつい、多くのものを抱え込んでしまいます。
      捨てることが出来なくて苦しい思いをしてしまいます。

      必要なものはそう多くはありません。
      手放すことで心は軽くなるのです。
      焦らずご自身のペースで進めていってください。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top