深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

楽に生きたいなら弱さを見せること 人生を笑顔で楽しもう

本来、人生とは苦しいものではないはずです。
なのに私たちは、生きることを苦しいものにしてしまう。

楽に生きたいと願いながらも、生きられなくなっている。

見栄やプライドを捨てることです。
自分から弱さを見せることです。

いつだって人生を笑顔で楽しむことができるのですから。

スポンサードリンク


楽に生きたいなら

弱さを見せることが格好悪い、恥ずかしいこと。
自分の立場を悪くすることだと考えてしまいがち。

だからこそ強いふりをする。
有能だと思われるために、できるように振舞って。

失敗することができなくて、自分自身を追い詰めてしまいます。
頼ることもできずに自ら逃げ道をつぶしてしまうのです。

価値ある自分を演じるから苦しくなる。

欠点があってもいい。
できないことがあっていい。

完璧な人間なんていません。

はじめから苦手な部分を見せていきましょう。
自分から弱さを出してみましょう。

つまらないプライドや見栄を手放せば、生きることがずっと楽になります。

弱さを見せる

「ダメな自分では嫌われる」
「間違えてしまったら認めてもらえない」

そんなものは全部思い込み。
過去の記憶がつくり出した妄想でしかありません。

今あなたが閉塞感や息苦しさを覚えているのなら。
それはあなた自身がつくり出したもの。

自分自身で窮屈な生き方を選んでしまっているのです。

他人からどう思われるかは関係ない。
必要以上に結果ばかりを気にしなくていい。

それでは「今」を楽しむことはできません。

余裕をなくして自分にも他人にも厳しく接してしまう。
ピリピリと張り詰めた空気では余計に息苦しく感じてしまいます。

苦しいだけの思い込みからは抜け出しましょう。
弱みは見せても大変なことには起こりませんから。

人生を笑顔で楽しもう

自分を守るために分厚い鎧を着込んだままになっている。
傷つかないように心の扉を閉じて、誰も入れなくなっている。

もうそんな鎧は必要ないはずです。
今のあなたには頑丈な鍵はいらないはずです。

勇気を出して少しだけ扉を開けてみましょう。

誰かが手を差し伸べてくれるから。
一緒になって失敗してくれるから。

自分から飛び込んで、失敗して、いっぱい笑えばいい。
いっぱい笑われて、みんなで一緒に面白がればいい。

苦しい生き方は終わりにしましょう。
見栄を手放して、格好悪い自分を受け入れましょう。

楽に生きたいなら自分から弱さを見せることです。
どんなときも人生を笑顔で楽しむことができるのですから。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top