深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

曖昧さを受け入れる 正しさに囚われない柔軟でしなやかな心

2015年4月7日

「心にゆとりが持てない」
「他人にも自分にも寛容になれない」

正解を求め、正しさを押し付け、自ら窮屈な生き方を選んでしまっている。

曖昧さを受け入れましょう。
世の中は私たちが考えるよりもずっとシンプルかつ、ゆるやかなものです。

曖昧さとは心にとって必要な余白なのです。

スポンサードリンク

曖昧さを受け入れる

私たちはつい物事を白か黒かの二元論で考えてしまいがちです。
「あり」か「なし」かと、極端から極端へ走ってしまいます。

曖昧さを許せずに、どちらかハッキリしないと気が済まない。

物事をハッキリさせた方がいいこともあります。
だけど全てが明確に答えを出せることばかりではありません。

人それぞれに答えがあり、角度によって見える景色も変わるものです。

曖昧でいい。
もっと柔軟でいい。

白と黒の間には数え切れないほどの色があります。
どの色も同じように正しさを含み、その全てに価値がある。

どちらか一方だけが正しい答えではないのです。

答えがないのも、また答え

私たちはすぐに答えを求めようとします。
物事には決められた正解があると考えてしまいます。

正解に囚われてしまえば、正しい選択がわからずに身動きがとれなくなる。
自分は間違えたんじゃないかと過去を悔やみ、後悔から抜け出せなくなってしまいます。

失敗か成功、勝ちか負けか。
そうやって結果ばかりに目を向け「今」を楽しめない。

曖昧な返事にイライラし、自分の求めている答え以外を認められない。
「こうあるべき」だと決めつけ、心が囚われてしまいます。

曖昧さを許せないのは不安だから。
自分を納得させるために違う価値観を否定しなくていい。

わかりやすく示された答えだけが正解ではありません。
答えがないのも、また答えなのです。

曖昧だからこそ柔軟でいられる

完璧主義では息苦しいものです。
自ら余裕を奪ってしまう窮屈な生き方です。

知らず知らずに他人にも押し付けて、自分の中の正しさを強いてしまいます。

曖昧さを持つことはとても大事なことです。
曖昧という言葉は優柔不断や中途半端といったネガティブなイメージを持たれやすい。

だけど曖昧だからこそ柔軟でいられます。
柔軟だからこそ心にゆとりが生まれ、寛容につながるのです。

水は形がないからこそ、どんな器にも合わせることができる。
こだわらず決めつけず、何物にも囚われない。

正しさに縛られないこと。
曖昧さを受け入れること。

そうすれば今よりもずっと生きることが楽になります。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメント & トラックバック

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 〉自分は間違えたんじゃないかと過去を悔やみ、後悔から抜け出せなくなってしまいます。

    抜け出せなくなってしまっています…
    いくつもの過去が鮮明に残って、いつまでも後悔が続いています。
    自分の選択が発言が、振りかざした正論が、べき論がいろんな方々に迷惑をかけたと思う。
    曖昧を受け入れられなかった過去が何年も前の過去が忘れられない。
    いっそのこと記憶がなくなればいいのに、、、
    ツライです。

    • Nonameさん

      コメントありがとうございます。
      過去の自分が嫌になる、そんなこともありますよね。
      だけどね、どんなに後悔しても時間は戻りません。

      大切なのは変えられない過去ではなく、今何ができるかです。
      迷惑をかけてしまったことを悔やんでいるのなら、今の自分に何ができるのかを考えてみてはいかがでしょうか。

  2. そうですか?グレーゾーン!私の一番苦手とする言葉。人生白か黒か!ハッキリした回答がないと自分が動く目標みたいなものがないと動くにも動けない。と思っていました。

    でも、そうではないことがわかって少し楽に生きてみようと思います。

    • 布施緑。さん

      コメントありがとうございます。
      グレーだけでなく、白と黒の間には様々な色があります。
      いろんな色を楽しむように、今この瞬間を大切にいきることではないでしょうか。

  3. 曖昧なんて、自分の頭の中にはありませんでした(泣)
    でも、グレーな部分を受け入れよう。
    堅すぎる、頭と心を緩めてもいいんだ!って
    もうちょっと、楽に生きてみよう!と思えました

    • yunさん

      コメントありがとうございます。
      いい加減な部分があってもいいんです。
      ずっと張り詰めたままより、少し緩んでいるぐらいが丁度いいんです。

  4. はじめまして。
    いつも元気をもらっています。ありがとうございます。
    私は中途半端な状態が嫌で、いつもちょっとしたことですぐにイライラいてしまいます。
    穏やかな気持で暮らせるように曖昧さを受け入れられるように心がけたいと思います。

    • ハルさん

      コメントありがとうございます。
      物事を見る角度や、その背景を想像してみることもひとつの方法だと思います。
      曖昧さを許せるようになれば今より少し心が軽くなると思います。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く