深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

計画通りにいかないとイライラする人へ 予定はいつだって未定

なんでも計画通りにいかないと気が済まない人がいます。

急な予定変更、予想外な出来事。
決められた計画から外れることが許せない。

「どうして思い通りにいかない」
「あの人のせいで予定が狂った」

そうやって予定外の訪問や対応に不機嫌になってしまいます。

いつのまにか時間に縛られている。
もっと柔軟でいいんです。

決められた予定をなぞることがゴールではないはずです。

計画通りでないと気が済まない人

計画を立てて物事にあたるのも大切なことです。
目的を達成するための方向性が明確になります。

だけどね、「効率」や「合理化」「無駄をなくす」
そればかりに意識が囚われていては大事なものが見えなくなります。

決められた予定を消化することばかりに気を取られてしまっている。

計画通りにいかないとイライラする。
計画を乱す人に攻撃的になってしまう。

自分の立てた計画に縛られて苦しんでいるのです。

どれだけ準備をしてもうまくいくとは限りません。
物事には予期せぬトラブル、思いがけないアクシデントが付きものです。

思った通りでなくていい。
少しぐらい計画と違ったって大丈夫。

予定や計画はあくまでも目安程度のものでしかありません。
計画は未来の予定を決定するものではないんです。

計画通りに進めることが目的ではない

スケジュールにそって、決められた予定をこなしていく。
時にはそういったことを求められる場面もあるでしょう。

だからといって計画通りに進めることが本来の目的ではないはずです。

その都度、優先させることは何かを考える。
今の自分にとって何が本当に大切なのかを意識してみましょう。

予定が狂っても優先させることがあるのなら、それを優先させればいい。

計画通りにいかないところにこそ大切なものがあります。
思わぬところから新しい発見があるんです。

本当に大切なことは予定に書けない。

どんなに予想を立てても、この先に何が起こるかは誰にもわかりません。
計画通りにいかないことを前提に心を柔軟にしておきましょう。

そのためにも無理に予定を詰め込みすぎないことです。
余白がないとほんの少し増えただけで溢れてしまいますから。

未来の予定は未定

計画通りになんていかないものです。

「本当はこうなるはずだったのに」
「あれさえなければうまくいったのに」

そうやってイライラしても疲れるだけ。

「なるほど、こうなったのか」
そんなふうに予定外を楽しむぐらいの余裕を持ちたいものです。

計画通りにいかないからこそ面白い。
予定とは違うことが起こるからこそ感動がある。

予定調和を超えた出会いや出来事にめぐり会えるのです。

あまりこだわらないこと。
自分の中だけで決めつけないこと。

本質を見失わなければ少しぐらい気にしない。
「計画通り」に囚われないことです。

未来の予定はいつだって未定ですから。

コメント & トラックバック

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 本当にそうですね。
    計画は計画でしかないんだなと感じました。
    今は無計画の方が楽しめる。こうしなきゃという縛りがない分、受け入れる量が増えたなと思います。
    計画どおりにならないイライラもなくなりましたし!
    イライラする分が勿体無いです!笑
    素敵な言葉ありがとうございます(^^)

    • 私は私。さん

      コメントありがとうございます。
      イライラしたって仕方ないですよね。
      どうなるかわからないからこそ、どうなってもいいような心構えでいたいものです。

  2. 知ったようなこと言わないでください

    • あさん

      コメントありがとうございます。
      こういう考え方もあるのだと受け取ってください。
      私の考えが正しいと考えているわけでも、押し付ける気もありません。
      何かプラスになる部分を感じとっていただければ幸いです。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top