深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

なんか疲れたなあと思ったら 焦らなくていい、無理せず休む

2014年7月26日

膨大の情報量、次々と消費されていくニュース。
すごいスピードで流れていく時代です。

私たちは知らず知らずに、多くのストレスにさらされています。

「なんか疲れたなあ」
そんな風に感じたら、心が休息を求めているのサインです。

ときには無理せず休むことも大切です。

スポンサードリンク

「なんか疲れた」は休息のサイン

周りに迷惑がかかるから。
これぐらいで休むなんて、情けないと思われるかも。

そうやって、つい無理をしてしまいがちです。

自分に厳しくて、人に頼れない。
いつも周りに気を使ってばかりでヘトヘト。

肉体的な疲労と違い、精神的な疲れは自覚のないうちに溜まっていきます。
気がついたときには。心の深い部分を蝕んでいる。

真面目な人ほど、甘えだと自分を責めてしまいます。
どうせ自分なんてダメだと、自己嫌悪に陥りやすい。

ゆっくり休んで、元気になってからの方がお互いにとっていい。
我慢せずに自分を労わる時間も必要です。

疲れたら無理せず休む

誰にだって心が弱ったり、不安定になってしまうときがあります。
余裕がなくなって、些細なことで落ち込んだりイライラしてしまいます。

ネガティブなことばかりが頭に浮かび、物事を悪い方に考えてしまう。
他人の優しさや親切も素直に受けることができない。

休んでなんていられない、もっと頑張らなきゃ。
そんな状態で無理をしても余計に悪化するだけ。

心がマイナス方向に引っ張られやすくなっているのです。

疲れたときは休む。
詰め込むのではなく、余白をつくる。

私たちには休息が必要なのです。

ときには立ち止まってみる

溜め込むばかりでは、いつかパンクしてしまいます。
我慢せず吐き出す。

休まないことが真面目なのではありません。
ひとりで抱え込むことが強さではないのです。

ときには立ち止まってみる。
取り残されることに怯えなくていい。

休んだ分だけ、大きく踏み出せる。
長く進める分、結果的に遠くまで歩いていける。

他人と比べる必要はありません。
自分のペースで進めばいい。

焦らなくても道は続いていくのですから。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 疲れたなあ、休みたい、でも、休みかたがわからない。どうしたら、休まるんだろう。スイッチの切り方がわからない。ほっとしたい。どうやったらできるんだろう。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く