深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

「スローライフ」慌てずにゆっくりと、減速して生きる

2014年9月3日

減速して生きる

現代社会はめまぐるしい早さで動いています。
世の中の変化の激しさに対応するのに手一杯の状態です。

人が生きるのに適した速さがあるように思います。
今の世の中は、その速さをはるかに越えるスピードで流れているように感じるのです。

だから焦る。
だから疲れる。

常に焦燥感を抱いて、緊張した状態が続きます。
ストレスがたまり心の疲れも蓄積されていく。

無理をして周りに合わせなくてもいい。
慌てなくていい、人生は長いのです。

もっとゆっくり生きればいい。
急がずに減速して生きてみましょう。

やらなくていいことはやらない

やりたいこと、やらなければいけないことが次から次へと詰まっている。
時間に追われ、毎日慌ただしく過ごす日々です。

時間がもったいない、損をしたくない。
次の予定、明日の仕事が気になって今を楽しむことができなくなっています。

必要以上に抱え込まないことです。
見栄や他人の目を気にして何でも引き受けていては、すぐに疲れてしまいます。

時間は誰にも等しく流れます。
限られた時間の中にアレもコレもとやみくもに詰め込まない。

やらなくていいこと、できないことはやらない。
増やすのではなく、今あるものに目を向ける。

完璧を目指せば切りがありません。
求め続ければ終わりがないのです。

自分のペースで、自分のやりたいように

大量生産、大量消費。
いきすぎた合理化、結果主義。

必要以上を求めない。
身の丈に合った生活を心がけてみる。

効率や利便性なんて気にしなくていい。
他人から見れば無駄なこと、利益がないようなことでもいい。

目的も要らない。
何かの為でもない。

何も考えず、ただ没頭してみる。
自分のやりたいことを、自分のやりたいように、自分のペースで。

日々を愛でながら、ゆったり暮らす

常にせかせかと、考える間もない反射的で衝動的な行動。
立ち止まることもできずに流れにのまれていく。

まずは一呼吸置いて落ち着いてみましょう。

人それぞれに合ったペース、必要なものあります
周りを見て焦らなくていい。

人生は競争ではありません。
他人と比べて上か下かと争う必要はないのです。

他人に勝つことを目標にした人生では満たされることはありません。

自分にとって大切なものに時間をかける
自分とって必要なものだけ手元に置く。

消費する毎日ではなく、日々を愛でながらゆったりと暮らす。
急かされながらではなく、減速して生きる。

そんな「スローライフ」な暮らしを心がけてみましょう。
 

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く