深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

大切なものに気づく 今あるものに感謝して幸せに暮らす

大切なものはいつもすぐ傍にある

私たちは自分にない「何か」ここではない「どこか」に幸せを求めてしまいがちです。

「何か」が手に入れば幸せになれるのではありません。
「どこか」に幸せが待っているのではないのです。

すでに「あるもの」で満足できる心を持つこと。
今「ここ」を受け入れて生きていくことです。

求めていけば際限がない。
足りないものを探していけば切りがない。

どれだけ手に入れても満たされることはありません。
ないものを嘆くのではなく、あるものに感謝する。

身近なもの、近くにあるものほど、そのありがたみに気がつかない。

求めているものは目の前にもある。
本当に大切なものをいつもすぐ傍にあるのです。

必要以上を求めない

認められたい、人より優位に立ちたい。
見下されたくない、惨めな思いをしたくない。

他者より少しでも上にいくために、不要なものを増やしていく。
今よりもっと、より多くと、必要以上を求めようとする。

要らないものが積み重なって、大事なものがみえなくなるのです。

大切なものは、他者との比較の先にはみつかりません。
大事なことは何を持っているかや、何ができるかではないのです。

誰かと張り合わなくていい。
自分にとって必要なだけでいい。

不要に持ちすぎたせいで、余計なものまで抱え込んでしまいます。
多くのものに囚われ、縛られてしまっているのです。

恐れずに全て手放してみればいい。
本当に大切なものは戻ってくる。

大切なものは多くない

何でも出来るようになりたい。
みんなから好かれたい。

全てやろうとするから全部が中途半端になる。
全部を手に入れようとするから満足することができない。

全てを同じように大切にするから、結局どれもおざなりになってしまいます。
大切なものはそんなに多くない。

余計なものが多すぎるから、大切なものに気がつかない。
失って本当に困るものはほとんどない。

「便利」になることと幸せは違います。
「楽」ができることが幸せなのではありません。

飾り付けなくていい。
シンプルでいい。

本当に大切なものだけ、少しのものだけでいいのです。

今あるものに感謝できれば求めなくても生きていける。
大切なものに気がつけば、幸せに暮らしていくことができるのです。
 

コメント0件

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top