深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

「瞑想のすすめ」 習慣化することで実感できる7つの効果

皆さんは「瞑想」という言葉にどんなイメージをお持ちでしょうか?

信仰や宗教的なもの?
どこか怪しいものに感じてしまう?

瞑想は決していかがわしいものではありません。
瞑想自体は宗教とは関係なく、科学的にも効果が認められています。

瞑想は心のエクササイズであり、メンテナンスです。
身体的なトレーニングと同じように、心の健康を維持するものなのです。

習慣化して継続することで、様々なプラスの効果が実感できるはずです。

スポンサードリンク


1.悩みが減りストレスに強くなる

私たちはついネガティブな感情に囚われてしまいます。
不安や悩みを見つけては、自ら大きなものにしてしまう。

その苦しみがストレスとなり心を疲弊させてしまいます。
頭の中が散らかった状態だから心がからまってしまうのです。

瞑想することで心がクリアになります。
ひとつの物事に心を奪われてクヨクヨとしなくなる。

執着を手放すことで何物にも囚われない心でいられるのです。

2.心が穏やかになる

瞑想は心を見つめる作業です。
自分の感情に気づき、あるがままを受け入れられるようになります。

自らの感情に振り回されない。
意味もなくイライラしなくなる。

どんなときでも心穏やかに過ごすことができるのです。
焦りや怒り、自分自身を苦しめていた感情と向き合うことができます。

3.集中力が高まる

瞑想とは特定の物事へ意識を集中させることだともいえます。
継続して瞑想を行うことで普段から集中力を高めることができます。

余計な雑念や思考に囚われなくなる。
過去の記憶がグルグルと頭の中をさまようこともない。

頭をクリアにし「今」に焦点を当てることで集中するのです。

4.新しいアイデアが生まれる

私たちの脳は寝ている間に情報を整理しています。
日々さらされる膨大な情報を取捨選択し、分類して記憶に定着させます。

瞑想を行うと睡眠中と同じような状況が脳内で起こります。

頭の中が整理されることで情報同士が結びつき、新たなアイデアを生む。
リラックスして心が柔軟になることで新しい考えや発想が生まれやすくなります。

5.記憶力がアップする

瞑想で集中力が高まることで自然と記憶力もアップします。
瞑想は脳を活性化し鍛えることできます。

頭の中が整理された状態だからこそ新しい情報を効率的に覚えることができる。
クリアに保つことで、必要な記憶を必要なときに引き出すことができます。

6.体調がよくなる

心と体はつながっています。
瞑想による精神的なプラスの効果が身体的にもいい影響をおよぼします。

普段から体調がよくなったと感じるようになる。
心が健康になると免疫力が高まり病気にもなりにくくなります。

瞑想は効果的で手軽にできる健康法なのです。

7.毎日を豊かに過ごせる

瞑想を継続することで心身ともに健やかになります。

心に余裕ができて他人にも優しくなれる。
気づきが生まれ、日常の些細な幸せに感謝できるようになる。

目に見える効果以外にも、瞑想は多くの恩恵をもたらしてくれます。
私たちに不足しているのは、ひとり静かに自分自身と向き合う時間なのです。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top