深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

禅に学ぶ 毎日を大切に生きるための時間の使い方

2013年12月25日

時間に追われ日々、忙しなく過ごす人も多いと思います。
季節の移ろい感じる余裕もなく、張り詰めた人が多いように感じます。

大切なのは何に時間を使うのか、どこに重点を置くのかではないでしょうか。

禅の言葉には生きるための知恵となるものも数多くあります。
時間に縛られないために、時間の使い方のヒントを学んでみましょう。

日日是好日(にちにちこれこうにち)

1日とて無駄な日はありません。
どんな日でもかけがえのない大切な1日です。

晴れの日も雨の日も。
機嫌のいい日も、気分の乗らない日も。

1日1日を大切に、今を生きましょう。
平凡な毎日に感謝しましょう。

「今日」を受け入れられない人に、より良い「明日」は訪れません。

今日だからこその気づきがあるはずです。

無常迅速(むじょうじんそく)

時間か経つのはあっという間です。
時間は待ってくれません、戻ることもありません。

だからこそ自分にとって要らないものは捨てましょう。
不要なものに割いている時間はないのです。

流されるまま、大切なことを後回しにしていてはいませんか?

何をしていても、時間は同じ速度で進みます。
本当に大事なことを中心に暮してみましょう。

一華開五葉 結果自然成(いっかごようをひらく けっかじねんになる)

どれだけ最善を尽くしても思うような結果が出ないこともあります。
やるだけやったら後は待つ。

結果はあくまで結果です。
ありのままを受け入れましょう。

良い結果にならなくても、それまで時間が無駄になるわけではありません。
その中で得たものこそが重要なのです。

慌てたり焦っても、物事が好転することはないでしょう。
ただ時を待つことも必要なのです。

時間に追われて生きるのも、自分の時間で生きるのも心持ち次第です。

自分と向き合う時間を持ちましょう。
何も考えない時間をつくりましょう。

ありのままを受け入れるのです。
日々に感謝し、今を生きるのです。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く