深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル
シンプルで豊かに生きる幸福論

年末大掃除のすすめ 過去の執着を手放し新たな年を迎えるために

2013年12月20日

普段から片付けよう、いらないものを捨ててしまおうと思っていても、ついつい後回しになってしまうことがあります。

毎日忙しいからと、やろうやろうと思いながら先延ばしにしていると、切っ掛けになるものがないとできなくなったりしてしまものです。

今の時期が年末の大掃除として、そのちょうどいい「切っ掛け」になりますね。
普段は掃除や片付けをあまりしない人でも、年末に大掃除をする人は多いと思います。

1年分の汚れを落として新しい年を迎える準備をするためでしょう。
こもった澱みを洗い流し、新年を新たな気持ちで始められるようにするのです。

なかなか物を捨てられないという人は、この機会に不要なものを処分してしまいましょう。

スポンサードリンク

迷ったら捨てる

捨てられない人は、いつか使うかもしれないという考え方をしてしまいます。
何があるかわからないという不安から、とりあえず残しておこうという思考をしがちです

不要なものを捨てるということは、同時に物への執着を捨てるということです。
所有することへの執着を手放すことで、身も心も軽くなりスッキリとした気持ちになれるのです。

本当に必要なものだけに絞ることで、ひとつひとつに対して愛着が沸き、今あるものを大切にしようと思えるのです。

心の大掃除

新しい年に持ち越さないように、溜まっている心のモヤモヤも一緒に大掃除してしまいましょう。

今年のモヤモヤは今年のうちに片付けてしまいましょう。

1年間で苦しいことや嫌な思いをすることもあったでしょう。
でも、それを根に持ったり、いつまでも執着していても苦しむのは自分です。

すでに起きたこと、済んだことを変える術はありません。

今まで縛られ続けていた過去も、いい切っ掛けだと思い全て手放してしまいましょう。
ありのままを認め、受け入れ、手放すのです。

まっさらな気持ちで新年を迎えられるように、年末に大掃除で物も心もリセットしましょう。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く