深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

「後悔なんてしない」 過去を受け入れ、今を認めて生きる

今を認めて生きる

後悔とは過去への執着であり、今を否定することでもあります。

あの時、やっておけばよかった。
違う道を選んでいれば、もっと幸せな生活がおくれていたのに。

どれだけ願っても、時間は戻りません。
失われたもの、過ぎたことは元には戻りません。

無いものを取り返そうとしても仕方がないのです。
人生は無限に続くものではなく、限りあるものなのですから。

現実と向き合い、今を見つめて生きていくしかないのです。
過去を変えることはできませんが、今を変えていくことはできます。

待っていても変わらない

現状に不満を覚えると、つい何か良いことはないかなあと考えてしまいます。
ドラマのように特別なことではなくとも、日常にはない刺激を求めてしまいがちです。

切っ掛けを待っているだけでは変化は訪れません。
理屈をつけて、そこに留まろうと自分自身にふたをしているのです。

「何か」や「誰か」に期待しているだけでは何も変わりません。
あなたが歩んでいるのはあなた自身の人生なのです。

「風来たりて門自ずから開く」という禅の言葉があります。
自ら行動していれば、閉ざされていた門も自然に開くのです。

待っているだけ、期待しているだけでは、いつまでも扉は閉じたままです。

失敗を恐れないことです。
流されるままに進んだとしても、最後は自分で決断する覚悟を持つことが必要なのです

「後悔しない」とは、どういう結果が待っていたとしても、過去を受け入れ、今を認めて生きていくことなのです。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top