深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

身の丈にあった生活 今を見つめる丁寧な暮らし

「今よりもっと」
「人より多く」

そうやって私たちは、満足できずに必要以上を求めてしまいます。
今あるものを見ようとせずに足りないものを埋めていく。

幸せに生きていくために多くは必要ありません。
人との比較で今の自分を否定しなくていい。

身の丈にあった暮らしで生きていきましょう。

スポンサードリンク


身の丈にあった生活

私たちはすぐに今より多くを求めてしまいます。
あるものでは満足できずに、より大きな刺激を求めてしまいます。

今の自分を肯定できない。
ありのままの自分を受け入れられない。

他人が持っているからという理由で必要のないものを増やしていく。
価値ある自分を演出するために余計なものを足していく。

余分なものを付け加える必要なんてありません。
そのままのあなたでいいのです。

誰かにとっての必要と自分にとっての必要は違います。
見栄や虚栄心で自分を追い込まなくていい。

人と比べて足りない何かを求めるのではありません。
際限なく求め続ける生き方は人を幸せにはしない。

自分にとって必要なものを必要な量だけ持てばいい。
身の丈にあった生活だからこそ、穏やかな気持で暮らしていけるのです。

満たされないのは足りないからじゃない

ここではない「どこか」に幸せはありません。
今ない「何か」も必要ありません。

足りないものを数えるのはやめにしましょう。
自分から不満をつくり出さなくていい。

どれだけ埋めても完璧な人間になんてなれません。

足りないところがあっていい。
できないことがあってもいい。

何かを手に入れても得られるのは一時の満足感だけ。
自分に必要のないものをどれだけ増やしたところで満たされることはないのです。

満たされないのは足りないからじゃない。
足りないと思うから足りなくなるのです。

人と比較するほど不要なものは増えていく。
余計なものまで持とうとするから、あるはずのものに気がつかなくなるのです。

今を見つめる丁寧な暮らし

足りないものではなく、今あるものに目を向けてみましょう。

人生は他人との競争ではありません。
多くを手に入れることが私たちの生きる目的ではないのです。

人に自慢できる華やかな生活じゃなくてもいい。
そこにある幸せを犠牲にしてまで求めるものなんてありません。

どれだけ多くを手に入れても、心が貧しければ満たされないまま。

今あるものを大切にしましょう。
既にあるものを丁寧に見つめることです。

詰め込まずにゆとりを持っておく。
必要以上を求めない身の丈にあった生活を心がけてみましょう。

「今」に満足できれば私たちを豊かに生きていくことができるのです。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top